ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

カスタムドメインとGitHub Pagesについて

GitHub Pages では、カスタムドメインを使用する、つまりサイトの URL を 'octocat.github.io' などのデフォルトからあなたが所有するドメインに変更することができます。

GitHub Pages は、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用いただけます。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

サポートされているカスタムドメイン

GitHub Pages では、サブドメインとApexドメインの 2 種類のドメインを使用できます。 サポートされていないカスタムサブドメインのリストは、「カスタムドメインと GitHub Pages のトラブルシューティング」を参照してください。

サポートされているカスタムドメインの種類 サンプル
www サブドメイン www.example.com
カスタムサブドメイン blog.example.com
Apex ドメイン example.com

サイトには、カスタムドメインの一方または両方を設定できます。 Apex ドメインを使用している場合でも、www サブドメインを使用することをおすすめします。 詳細については、「 あなたの GitHub Pages サイトに Apex ドメインを使用する」を参照してください。

ユーザーまたは Organization のサイトにカスタムカスタムを設定すると、カスタムドメインを設定していないアカウントが所有するプロジェクトサイトの URL で <user>.github.io または <organization>.github.io の部分がカスタムドメインに置き換えられます。 たとえば、サイトのカスタムドメインが www.octocat.com で、octo-project というリポジトリから公開されているプロジェクトサイトにまだカスタムドメインを設定していない場合、そのリポジトリの GitHub Pages サイトは、www.octocat.com/octo-project で公開されます。

あなたの GitHub Pages サイトに Apex ドメインを使用する

サブドメインは、URL のうちルートドメインの前の部分です。 サブドメインは、www に設定することも、あるいは blog.example.com のようにサイトの独自セクションに設定することもできます。

サブドメインは、DNS プロバイダを通じて CNAME レコードで設定されます。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

www サブドメイン

サブドメインの種類として最もよく使われているのは、www サブドメインです。 たとえば、www.example.com には www サブドメインが含まれています。

www サブドメインは、カスタムドメインとして最も安定的です。GitHub のサーバの IP アドレスが変更されても、www サブドメインは影響を受けないからです。 また、サービス拒否 (Dos) 攻撃に対する保護が効率的に実装できることから、サイトの読み込みも高速化されます。

カスタムサブドメイン

カスタムサブドメインは、標準のサブドメインである www を使わない種類のサブドメインです。 カスタムサブドメインは、サイトに 2 つの独自セクションを作成したい場合に最もよく使われます。 たとえば、blog.example.com というサイトを作成し、www.example.com から独自のセクションをカスタマイズできます。

あなたの GitHub Pages サイトに Apex ドメインを使用する

Apex ドメインは、example.com といったようにサブドメインを含まないカスタムドメインです。 Apex ドメインは、ベースドメイン、ベアドメイン、裸ドメイン、ルート Apex ドメイン、ゾーン Apex ドメインなどとも呼ばれます。

Apex ドメインは、DNS プロバイダを通じて、AALIASANAME レコードで設定されます。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

If you are using an apex domain as your custom domain, we recommend also setting up a www subdomain. If you configure the correct records for each domain type through your DNS provider, GitHub Pages will automatically create redirects between the domains. For example, if you configure www.example.com as your custom domain for your site, and you have ALIAS and CNAME records set up for the www and apex domains, then example.com will redirect to www.example.com. For more information, see "Managing a custom domain for your GitHub Pages site."

GitHub Pages サイトが無効化された際にカスタムドメインを更新する

GitHub Pages サイトが無効になっていて、かつカスタムドメインがセットアップされている場合、すぐに DNS プロバイダで DNS レコードを更新するか削除して、ドメイン乗っ取りのリスクを避けてください。 サイトが無効な間に、DNS プロバイダでカスタムドメインを設定していると、サブドメインのいずれかで誰かにサイトをホストされてしまう恐れがあります。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

サイトが自動的に無効化される理由は、いくつかあります。

  • GitHub Pro から GitHub Free へダウングレードすると、アカウント内のプライベートリポジトリから公開されている GitHub Pages のサイトは公開されなくなります。 詳細は「GitHub の支払いプランをダウングレードする」を参照してください。
  • GitHub Free を利用している個人アカウントへプライベートリポジトリを移譲した場合、そのリポジトリからは GitHub Pages の機能を利用できなくなり、公開されている GitHub Pages は公開されなくなります。 詳細は「リポジトリを移譲する」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください