このドキュメントは英語から翻訳されました。 このドキュメントのこのバージョンと英語バージョンとの間に何らかの矛盾、曖昧さ、明らかな非一貫性があるばあい、英語バージョンが支配的なバージョンです。 翻訳の改善についての示唆があるなら、弊社のサイトポリシーリポジトリでIssueをオープンしてください。

GitHubのマイクロソフトボリュームライセンスに関する規約

ここには以下の内容があります:

Version Effective Date: April 1, 2020

The following GitHub Supplemental Terms (including any applicable Order Forms) supplement Customer's Microsoft volume licensing agreement ("Microsoft Customer Agreement") and, together with the Microsoft Customer Agreement, govern Customer's use of the Products (as defined below). The Microsoft Customer Agreement is incorporated herein by this reference. Capitalized terms used but not defined in these supplemental terms have the meanings assigned to them in the Microsoft Customer Agreement.

These Supplemental Terms apply to the following GitHub Offerings, as further defined below (collectively, the "Products"):

  • GitHub Enterprise (comprised of GitHub Enterprise Server, which may include Add-on Software, and GitHub Enterprise Cloud) and GitHub One;

  • 関連するすべての「サポート」、

  • 関連するすべての「プロフェッショナルサービス」。

These GitHub Supplemental Terms include the following Sections and Exhibits, each of which is incorporated by reference herein:

  • セクション 1: GitHub Enterprise Server ライセンス規約

  • セクション 2: GitHub Enterprise Cloud 利用規約

  • SECTION 3: General Provisions;

  • 付属文書 A: データ保護特約 (DPA)

  • 付属文書 B: セキュリティに関する付属文書

  • 付属文書 C: 定義

セクション 1: GitHub Enterprise Server ライセンス規約

セクション 1 は、お客様による「ソフトウェア」の利用に適用される規約を詳述しています。

1.1 ライセンスの付与

GitHub は、お客様の内部業務目的のために「ソフトウェア」をインストールし利用するため、該当する「プラン契約期間」中、「ドキュメンテーション」に従い、お客様の「注文書」に記載された数の「プランライセンス」のみ、お客様の内部業務目的のために「ソフトウェア」をインストールし利用するための非独占的、譲渡不可、世界的規模、使用料無料の期間限定ライセンスをお客様に付与します。 「ソフトウェア」には、第三者によって GitHub にライセンスを付与されたコンポーネントが含まれており、そうしたソフトウエアの中には、GitHub に対して、それらのコンポーネントのソースコードを入手可能にすることを要求するソフトウェアも含まれています。 これらのコンポーネントのソースコードは、要請に応じて提供いたします。 Without limiting the foregoing, this license permits Customer to download and run Microsoft SQL Server Standard Edition container image for Linux files (“SQL Server Images”), which may be used only with the Software as documented. Customer’s right to use the SQL Server Images ends when Customer no longer has rights to use the Software, and Customer must uninstall the SQL Server Images when its right to use them ends. Microsoft Corporation may disable SQL Server Images at any time.

1.2 Restrictions.

Except as expressly permitted by law or by applicable third-party license, Customer and its Affiliates must not and must not allow any third party to: (i) sublicense, sell, rent, lease, transfer, assign, or redistribute the Software; (ii) host the Software for the benefit of third parties; (iii) disclose or permit any third party to access the Software, except as expressly permitted in this Section 1; (iv) hack or modify the License Key, or avoid or change any license registration process; (v) except for Customer Modifications, modify or create derivative works of the Software, or merge the Software with other software; (vi) disassemble, decompile, bypass any code obfuscation, or otherwise reverse engineer the Software or attempt to derive any of its source code, in whole or in part; (vii) modify, obscure, or delete any proprietary rights notices included in or on the Software or Documentation; or (viii) otherwise use or copy the Software or Documentation in a manner not expressly permitted by these GitHub Supplemental Terms.

1.3 デリバリ

GitHub は、安全で、パスワードで保護されたウェブサイトから、お客様が「ライセンスキー」をダウンロードで入手できるようにするものとします。 本セクション 1 に基づくすべてのデリバリは電子的なものとします。 疑義を避けるため、お客様はソフトウェアのインストールに責任を負い、「ライセンスキー」の交付後は、GitHub がその「ソフトウェア」についてそれ以上のデリバリを行う義務を負わないことを認めます。 「アップデート」が入手可能になった際、GitHub はその「アップデート」を同一のウェブサイトからダウンロードできるようにするものとします。 お客様は、最低限 1 年に 1 回以上、商業的に合理的な頻度で「ソフトウェア」を「アップデート」する必要があります。 お客様は、お客様のユーザ名とパスワードの機密性を維持する責任を負います。

1.4 検証

At GitHub's request, Customer will promptly provide GitHub with a Software-generated report verifying that Customer is using the Software in accordance with these GitHub Supplemental Terms. GitHub will invoice Customer for any additional use, effective from the date its use first exceeded the terms of these GitHub Supplemental Terms.

1.5 Support

GitHub will provide technical support for the Software as further described in the Microsoft Customer Agreement. GitHub may provide enhanced Support offerings for the Software and Service (including the Premium, Premium Plus, and Engineering Direct Support offerings) in accordance with the Support terms, and at the Support level, Fees, and Subscription Term specified in an Order Form or SOW. Notwithstanding anything to the contrary in the Microsoft Customer Agreement, (i) GitHub will use reasonable efforts to correct any material, reproducible errors in the Software upon Customer's notification of an error but will not be responsible for providing Support where (a) someone (other than GitHub) modifies the Software; (b) Customer changes its operating system or environment in a way that adversely affects the Software or its performance; (c) Customer uses the Software in a manner other than as authorized under the Microsoft Customer Agreement, this Section 1 or the Documentation; or (d) there is a Customer accident or negligence, or misuse of the Software; and (ii) GitHub will only Support a given Release for one (1) year from the original Release date, or six (6) months from the last Update of the Release, whichever is longer.

1.6 アップデート、リリース

1.6.1 一般

GitHub は、「ソフトウェア」に対する「アップデート」および「リリース」を、お客様が「ソフトウェア」および「ライセンスキー」をダウンロードした場所と同一の安全なウェブサイトにおいてお客様が入手できるようにするものとします。

1.6.2 サポートされるリリース

GitHub は、「ソフトウェア」の特定の「リリース」について、元の「リリース」日から 1 年間、または直近の「リリース」の「アップデート」から 6 か月のうち長い方の期間のみ「サポート」します。 GitHub は、「ソフトウェア」の特定の「リリース」について、元の「リリース」日から 1 年間、または直近の「リリース」の「アップデート」から 6 か月のうち長い方の期間のみ「サポート」します。

1.7 Add-On Software.

「アドオンソフトウェア」のライセンスは、「ユーザ」ごとに付与されます。 For the avoidance of doubt, and unless otherwise set forth in an Order Form, the number of Subscription Licenses Customer has at any given time for Add-On Software must equal the number of Subscription Licenses Customer has for the Products under this Agreement. For example, if Customer wishes to purchase a subscription to Insights and already holds Subscription Licenses for 100 Users for the Products, it must purchase Subscription Licenses for 100 Users for Insights.

1.8 Data Protection Considerations for Use of GitHub Insights and Learning Lab for Enterprise Server.

If Customer’s planned use of GitHub Insights or Learning Lab for Enterprise Server involves processing personal data, Customer is solely responsible for determining whether or not to complete a data protection impact assessment or otherwise secure formal legal analysis of Customer’s planned use. It is in Customer’s sole discretion whether to use GitHub Insights or Learning Lab for Enterprise Server to process Customer’s employees’ and/or users’ data, and if Customer does so, Customer is solely responsible for conducting such processing in compliance with applicable law.

1.9 Limited Software Warranty.

GitHub warrants that, for ninety (90) days from the date it is made available for initial download, the unmodified Software will substantially conform to its Documentation. GitHub does not warrant that Customer's use of the Software will be uninterrupted, or that the operation of the Software will be error-free. This warranty will not apply if Customer modifies or uses the Software in any way that is not expressly permitted by this Section 1 and the Documentation. GitHub's only obligation, and Customer's only remedy, for any breach of this limited warranty will be as set forth in the Microsoft Customer Agreement.

セクション 2: GitHub Enterprise Cloud 利用規約

本セクション 2 では、お客様または GitHub がお客様に代わって「サービス」に「企業アカウント」および/または「Organization」を作成した際、お客様による「サービス」の利用に適用される条件について詳細に説明します。

2.1 アカウント利用規約

2.1.1 アカウントの管理

(i) ユーザ。お客様は、「ユーザ」が各自のアカウントおよびアカウント内の「コンテンツ」に対する最終的な管理権限を保持することに同意するものとします。 GitHub's Standard Terms of Service govern Users' use of the Service, except with respect to Users' activities under this Section 2.

(ii) Organizations. Customer retains ultimate administrative control over any Organization created on Customer’s behalf and User-Generated Content posted to the repositories within its Organization(s), subject to this Section 2. 本セクション 2 は、お客様の Organization の利用について定めます。

2.1.2 アカウントの要件

お客様がアカウントを作成するには、以下を遵守する必要があります:

(i) お客様は、13歳未満が利用するためのアカウントを作成してはなりません。 GitHub が 13歳未満の「ユーザ」を知った場合には、その「ユーザ」のアカウントを直ちに削除します。 お客様またはその「ユーザ」が米国外に居住する場合には、その国に適用される最低年齢が 13 歳以上である場合があります。かかる場合、お客様はその国の法律に従う責任を負います。

(ii) 「ユーザ」は、ログインを複数人で共有することはできません。

(iii) お客様が以下に該当する場合、「サービス」を利用することはできません。(a) 米国またはその他の該当する管轄区域の輸出規制または制裁に関する法律に違反する場合、(b) お客様が、米国財務省外国資産管理局 (OFAC) が管理する包括的制裁の対象となる国または地域にの居住者であるか、常時滞在している場合、(c) お客様が、特定国籍 (SDN)、同様の制限に服する個人、または取引禁止者であるか、それらのために働いている場合 For more information, please see GitHub’s Trade Controls policy.

2.1.3 アカウントのセキュリティ

お客様は、以下に対して責任を負います。(i) お客様の「企業アカウント」における、投稿された「コンテンツ」およびアクティビティの全て、(ii) お客様のアカウントのログイン認証情報に関するセキュリティの維持、(iii) お客様のアカウントを通じた、「サービス」のあらゆる不正利用や不正アクセスを認識した際には、速やかにGitHub に通知すること。 GitHub は、お客様が本セクション 2.1.3 に従わなかったことにより生ずるいかなる損失または損害にも責任を負いません。

2.1.4 追加条項

場合によっては、お客様による「サービス」の利用について、第三者による条項が適用されることがあります。 たとえば、お客様が独自の条項またはライセンス契約を持つ Organization の成員である場合、お客様が「サービス」に統合するアプリケーションをダウンロードしている場合、お客様が他のサービスに認証するために「サービス」を利用している場合などです。 While the Microsoft Customer Agreement, including these GitHub Supplemental Terms, are GitHub's full agreement with Customer, other parties' terms govern their relationships with Customer.

2.1.5 米国連邦政府の条項

お客様が米国連邦政府機関である場合、または政府機関として「サービス」の一部にアクセスする、またはそれを使用する場合、米国連邦政府修正条項が適用され、お客様はその条項に同意するものとします。

2.2 法の遵守、利用規程、プライバシー

2.2.1 法令・規定の遵守

お客様が「サービス」を使用する際には、著作権法、商標法、輸出規制法、または管轄における規制を含むいかなる適用法にも違反してはなりません。

2.2.2 利用規定

Customer’s use of the Service must comply with GitHub's Acceptable Use Policies and GitHub’s Community Guidelines. お客様は、いかなる管轄区域内でも、違法、わいせつ、不快、または詐欺的なコンテンツまたは活動 (損害を与えたりそう標榜したりする、ネットワークまたはシステムの完全性またはセキュリティを妨害または侵害する、フィルタを回避する、迷惑・虐待的・虚偽的なメッセージ、ウイルスまたは有害なコードを送信する、あるいは第三者の権利を侵害するなど) の目的で「サービス」を使用してはなりません。

2.2.3 プライバシー

The GitHub Privacy Statement and the attached Exhibit A: Data Protection Addendum provide detailed notice of GitHub's privacy and data use practices. 「サービス」からデータを収集する個人、団体、またはサービスは、特にユーザの個人情報 (GitHubのプライバシーについての声明に定める) の収集に関して、GitHubのプライバシーについての声明に従う必要があります。 お客様がGitHubから「ユーザ個人情報」を収集した場合、お客様は「外部ユーザ」が承認した目的にのみその個人情報を使用するものとします。 お客様は、かかる個人情報を合理的に保護するものとし、GitHubはGitHubまたは「外部ユーザ」からの苦情、削除要請、および連絡拒否の要請に速やかに対応するものとします。

2.3 コンテンツの責任、所有権、ライセンス権

2.3.1 「ユーザ生成コンテンツ」に対する責任

「サービス」の利用中に、お客様は「ユーザ生成コンテンツ」を作成またはアップロードすることができます。 投稿、アップロード、リンク、その他の方法でお客様が「サービス」を介して利用できるようにした「ユーザ生成コンテンツ」については、その「ユーザ生成コンテンツ」の形式にかかわらず、お客様が全責任を負うものとします。 GitHubは、「ユーザ生成コンテンツ」のいかなる公開表示または悪用に対しても責任を負いません。

2.3.2 コンテンツの所有権、投稿する権利、ライセンスの付与

(i) お客様が作成または所有する「お客様のコンテンツ」の所有権は、お客様が保持します。 お客様は、 (a)「お客様のコンテンツ」に責任を負うこと、 (b) お客様が投稿する権利を有する「お客様のコンテンツ」(サードパーティまたはユーザーが生成したコンテンツを含む) に限って送信すること、(c) お客様が投稿する「お客様のコンテンツ」に関サードパーティのライセンスに完全に従うことに同意するものとします。

(ii) お客様は、セクション2.3.3から2.3.6で規定されている権利を、無料で、かつ同セクションに記された目的のために付与します。これは、お客様が「お客様のコンテンツ」をGitHubサーバから削除するまで続きますが、お客様が公に投稿し「外部ユーザ」がフォークしたコンテンツは例外となり、その場合は「お客様のコンテンツ」のすべてのフォークがGitHubサーバから削除されるまで続きます。 お客様が、「サービス」を実行するために必要な権限をGitHubに付与するライセンスをあらかじめ伴うような「お客様のコンテンツ」をアップロードする場合、追加のライセンスは必要ありません。

2.3.3 GitHubへのライセンス付与

お客様は、「お客様のコンテンツ」を保存、解析、表示し、「サービス」の提供に必要な限りにおいて付随的な複製を作成する権利をGitHubに付与します。 これには、「お客様のコンテンツ」をGitHubのデータベースにコピーし、バックアップを作成する権利、お客様およびお客様が閲覧者として選択した相手に「お客様のコンテンツ」を表示する権利、「お客様のコンテンツ」を解析して検索インデックスを作成するなどの形でGitHubのサーバ上で分析する権利、お客様がコンテンツの共有相手として選択した外部ユーザーと「お客様のコンテンツ」を共有する権利、および音楽や動画のような場合に「お客様のコンテンツ」を実演する権利が含まれます。 これらの権利は、パブリックリポジトリとプライベートリポジトリの両方に適用されます。 このライセンスは、「お客様のコンテンツ」を販売またはその他の方法で配布する、あるいは「サービス」以外で使用する権利をGitHubに付与するものではありません。 お客様は、帰属先を明示せず、また「サービス」の提供に必要な限りにおいて「お客様のコンテンツ」を合理的に適応させる目的で、「お客様のコンテンツ」に必要な権利をGitHubに付与します。

2.3.3 外部ユーザへのライセンス付与

(i) Issue、コメント、外部ユーザのリポジトリへのコントリビューションなど、お客様が公に投稿するコンテンツは、他のユーザーが閲覧することができます。 リポジトリを公開表示に設定することで、お客様は外部ユーザがお客様のリポジトリを閲覧しフォークすることを許可するものとします。

(ii) お客様がそのページおよびリポジトリを一般に公開表示に設定する場合、お客様は「サービス」を通じて「お客様のコンテンツ」を使用、表示、および実演し、またGitHub が提供する機能を通じて許可される限りにおいて (フォークなど) のみ「サービス」上でお客様のコンテンツを複製する、非独占的かつ世界的ライセンスを外部ユーザーに付与します。 Customer may grant further rights to Customer Content if Customer adopts a license. お客様が作成または所有していない「お客様のコンテンツ」をアップロードする場合には、アップロードする「お客様のコンテンツ」が、これらの権限を外部ユーザーに付与する条項に基づいて必ずライセンスされるよう図る責任をお客様は負います。

2.3.5 リポジトリのライセンス下でのコントリビューション

お客様がライセンスの通知を含むリポジトリに対してコントリビューションを行う際、お客様は必ず同じ条件のもとでそのコントリビューションをライセンスし、それらの条件下でかかるコントリビューションをライセンスする権利を有することに同意するものとします。 お客様が、コントリビューターライセンス契約など、異なる条件のもとでコントリビューションのライセンスを別途締結している場合は、その契約が優先されます。

2.3.6 人格権

お客様は、完全性と帰属の権利も含めて、「サービス」の任意の部分に対してアップロード、公開、またはサブミットする「お客様のコンテンツ」について、すべての人格権を保持します。 ただしお客様は、GitHubがセクション2.3で付与された権利を合理的に行使できるようにする目的に限り、これらの権利を放棄し、GitHubに対してこれらの権利を主張しないことに同意するものとしますが、その目的以外ではこの限りではありません。

2.4 Private Repositories.

2.4.1 管理

お客様は、招待、OrganizationおよびTeamの管理制御、アクセスの終了など、プライベートリポジトリへのアクセスを管理する責任を負います。

2.4.2 機密保持

GitHubは、お客様のプライベートリポジトリにある「お客様のコンテンツ」をお客様の機密情報と見なします。 GitHub will protect and keep strictly confidential the Customer Content of Private Repositories in accordance with the applicable confidentiality provision in the Microsoft Customer Agreement.

2.4.3 アクセス

GitHubがお客様のプライベートリポジトリにアクセスするのは、(i) サポート上の理由からお客様の同意と承認を得ている、または (ii) セキュリティ上の理由からアクセスが必須となっている場合だけです。 お客様は、プライベートリポジトリへのアクセスを追加することもできます。 たとえば、プライベートリポジトリにある「お客様のコンテンツ」への追加の権利を必要とするGitHubの各種サービスまたは機能を有効にするなどが考えられます。 これらの権利はサービスまたは機能によって異なりますが、GitHubは引き続き、お客様のプライベートリポジトリにある「お客様のコンテンツ」をお客様の機密情報として扱います。 これらのサービスが、「サービス」の提供に必要な以上の権利を追加で必要とする場合、GitHubはその件について説明を行います。

2.4.4 免責

If GitHub has reason to believe the Content of a Private Repository is in violation of the law or of these GitHub Supplemental Terms, GitHub has the right to access, review, and remove that Content. また、GitHubはお客様のプライベートリポジトリのコンテンツを開示するよう法律で強制される場合があります。 法律に基づく要件で別段拘束されていない限り、またはセキュリティ上の脅威などセキュリティに対するリスクに対応する目的で、GitHubはかかる行動について通知します。

2.5. 知的財産に関する通知

2.5.1 コンテンツに対するGitHubの権利

「サービス」の見た目は、copyright © GitHub, Inc. All rights reserved で保護されています。 お客様は、GitHubからの書面による許可なく、HTML/CSS、Javascript、またはビジュアルデザイン要素またはコンセプトのいかなる部分も複製、コピー、再利用することはできません。

お客様が著作権所有者であり、「サービス」上のコンテンツがお客様の著作権を侵害していると考えられる場合、お客様はGitHubのデジタルミレニアム著作権法 (DMCA) ポリシーに従って、DMCAの様式でGitHubに通知するか、またはcopyright@github.com.に電子メールを送信すして、GitHubに連絡することができます。

2.5.3 GitHubのトレードマークとロゴ

お客様がGitHubのトレードマークを使用したい場合は、GitHubのロゴと使い方のページの内容も含めて、トレードマークに関するGitHubのすべてのガイドラインに従う必要があります。

2.6 一時停止

GitHub has the right to suspend access to all or any part of the Service, including removing Content, at any time for violation of the Microsoft Customer Agreement, including these GitHub Supplemental Terms, or to protect the integrity, operability, and security of the Service, effective immediately, with or without notice. かかる通知が法律または法的手続きによって禁止されている、または「サービス」または第三者への差し迫った損害の防止に妨げとなる場合を除き、GitHub は、通常、かかる一時停止の時点またその前に、バナーまたは email で通知します。 GitHubは、「サービス」の完全性、操作性、およびセキュリティを保全する必要に応じ、その裁量により、かつ誠意をもって任意の一時停止を調整します。

2.7 Communications with GitHub.

契約上の目的で、お客様は (1) 提出したメールアドレスまたは「サービス」を介して、電子形式で通信を受信すること、並びに (2) GitHub がお客様に電子的に提供するすべての「利用規約」、契約、通知、開示、およびその他の通信が、かかる通信が紙面である場合に満たす法的要件を満たすことに同意するものとします。 本セクションは、お客様の放棄不能な権利には影響しません。

2.8 サービスレベル

2.8.1 プログラム特典 - 稼働時間の保証と計算

GitHubは、「サービス」の稼働時間として四半期当たり99.95%を保証しています。 つまり、GitHubの「可欠なサービス」は、50%を超える「アクティブユーザ」に影響するような障害で中断する確率が、四半期当たり0.5%を超えないということです。 四半期99.95%というこの稼働時間保証を満たせない場合、quarterly GitHubはお客様にサービスクレジットを発行します。 GitHubの稼働時間は、Web、API、およびGitクライアントインターフェースで応答したリクエストの成功率に基づいて計算されます。

2.8.2 免責

Exclusions from the Uptime guarantee include Outages resulting from: (i) Customer’s acts, omissions, or misuse of the Services, including violations of the Microsoft Customer Agreement and these GitHub Supplemental Terms; (ii) Failures of Customer’s internet connectivity; (iii) Factors outside GitHub's reasonable control, including force majeure events and third-party services or technology; or (iv) Customer’s equipment, services, or other technology.

2.8.3 稼働時間サービスクレジットの計算、稼働時間サービスクレジット

GitHubの四半期の稼働時間が99.95%の稼働時間保証を下回った場合、お客様は、四半期の稼働時間保証を超えた停止時間について支払わった金額分の25倍に相当するサービスクレジットを受け取る資格を得ます。 サービスクレジットは、各四半期末に計算され、請求がありしだい支払われます。 GitHubの稼働率を調べたい場合は、各四半期松に稼働時間のレポートを請求できます。 サービスクレジットを受け取るには、アカウント所有者か支払いマネージャーのいずれかが、各四半期終了後30日以内に、お客様を代表して書面で請求を送信する必要があります。 サービスクレジットをためておくことはできません。 サービスクレジットが認められると、お客様の次の請求時に自動的に相殺されます。 書面による請求、GitHub Supportまでお送りください。

2.8.4 免責事項、責任の制限

GitHubの[ステータス] ページは、本セクションで規定している稼働時間保証に計上されないため、GitHubの稼働時間を正確に表してはいないため、サービスクレジットの計算という目的には適しません。 サービスクレジットは、四半期ごとに有料サービスの30日分までに制限されます。 サービスクレジットは、本セクションで規定する稼働時間の義務をGitHubが達成できなかった場合に、お客様が得られる唯一の是正手段です。

2.9 サービスの変更

GitHub は、「アップデート」および新機能の追加により、サービスを変更します。 セクション2.8に従い、GitHubは通知の有無にかかわらず、「サービス」(またはその一部) をいつでも変更する、あるいは一時的または恒久的に停止する権利を留保するものとします。

2.10 Additional Service Features.

「サービス」の一部機能については、GitHub 追加製品の利用規約に記載されている規約も適用される場合があります。 これらの機能にアクセスまたはこれらを利用することにより、お客様は GitHub 追加製品の利用規約にも同意することになります。

SECTION 3: GENERAL PROVISIONS.

セクション 3 では、あらゆる「製品」の、お客様による購入および使用について適用される規約および条件を規定します。

3.1 Term; Termination; Effect of Termination.

3.1.1 契約期間

These GitHub Supplemental Terms will continue in effect until terminated by a Party in accordance with this Section 3.1.

3.1.2 Termination for Convenience; Account Cancellation.

Either Party may terminate an Order Form or these GitHub Supplemental Terms, without cause, upon at least thirty (30) days' prior written notice before the end of the then-current Subscription Term. If Customer elects to terminate an Order Form or these GitHub Supplemental Terms, it is Customer's responsibility to properly cancel its account with GitHub by going into Settings in the global navigation bar at the top of the screen. GitHub は、メールや電話での要請に対応してアカウントをキャンセルすることはできません。

3.1.3 重大な契約違反による解約

Either Party may terminate these GitHub Supplemental Terms immediately upon notice if the other Party breaches a material obligation under these GitHub Supplemental Terms and fails to cure the breach within thirty (30) days from the date it receives notification. GitHub may terminate these GitHub Supplemental Terms if Customer's Account has been suspended for more than 90 days.

3.1.4 Effect of Termination.

Upon termination of these GitHub Supplemental Terms, Customer may not execute additional Order Forms; however, these GitHub Supplemental Terms will remain in effect for the remainder of any active Order Forms. When an Order Form terminates or expires, as to that Order Form: (i) the Subscription Term will immediately end; (ii) any Subscription Licenses in the Order Form will automatically terminate, and Customer will no longer have the right to use the Products; (iii) if any Fees were owed prior to termination, Customer must pay those Fees immediately; (iv) Customer must destroy all copies of the Software in Customer’s possession or control, and certify in writing to GitHub that Customer has done so; (v) each Party will promptly return (or, if the other party requests it, destroy) all Confidential Information belonging to the other to the extent permitted by the Service. 上記にかかわらず、お客様は、本契約または「注文書」の解約または失効後最大 90 日間、お客様のデータを移行するために引き続き「ソフトウェア」にアクセスすることができ、データをそのリポジトリに移行するよう要請できます。ただし、この期間中、お客様は「ソフトウェア」や「サービス」を実稼働ベースで利用することはできないものとします。 本契約または「注文書」の解約または失効により、その性質上合理的に存続すべきあらゆる規定は存続するものとします。

3.2 Feedback.

お客様は、「製品」に関する「フィードバック」を GitHub に対して行うことができます。 「フィードバック」は自発的なものであり、「お客様の機密情報」と指定している場合であっても、「お客様の機密情報」としては取り扱われません。 GitHubは、かかるフィードバックを以下の目的で十分に活用できます。(i) GitHubの既存および将来的な製品提供、およびかかる提供品の商品化において、操作、機能性、利用性を向上させるため。(ii) 「製品」の品質についての集計した統計値を公開するため。ただし、公開されるデータは、お客様、お客様の従業員、およびお客様の所有するソフトウェアのコードを明確に特定するために用いられることはありません。

3.3 Compliance with Laws and Regulations.

お客様は、「製品」の利用において、データ保護法および労働法規を含むがこれらに限定されない、適用されるすべての法律および規制を遵守するものとします。

3.4 Order of Precedence

In the event of a conflict between the Supplemental Terms, on one hand, and an Order Form, on the other, the Order Form will govern with respect to that order only. In the event of a conflict between the Supplemental Terms (including any Order Form) and the Microsoft Customer Agreement, the Supplemental Terms will govern with respect to the subject matter only.

付属文書 A: データ保護特約 (DPA)

1. 定義

1.1 「適用されるデータ保護法」とは、お客様によるGitHubおよびGitHubサービスの利用に適用される、個人データの処理および利用に関する特定の法律、規制、規制の枠組み、またはその他の法令を言い、以下のものが該当します。

a. EU 一般データ保護規則 2016/679 (「GDPR」)、および施行されているまたはそれに準ずる、効力を有し適用される国家の法令

b. The U.S. Department of Commerce and European Commission's EU--U.S. Privacy Shield Framework ("Privacy Shield"), or any succeeding legislation, available at https://www.privacyshield.gov/, or any succeeding URL, as may be amended. The "Privacy Shield Principles" refer to the principles of Notice, Choice, Accountability for Onward Transfer, Security, Data Integrity and Purpose Limitation, Access, and Recourse, Enforcement, and Liability.

1.2 「コントローラー (管理者)」、「データ主体」、「加盟国」、「個人データ」、「個人データの侵害」、「処理」、「プロセッサー (処理者)」、および「監督官庁」の語はそれぞれ、「適用されるデータ保護法」で指定された意味を持ちます。</0> 不一致がある場合は、GDPR で規定された意味が優先されます。

1.3 "Customer Personal Data" means any Personal Data for which Customer is a Controller, whether supplied by Customer for processing by GitHub or generated by GitHub in the course of performing its obligations under these GitHub Supplemental Terms. これには、支払い情報、IPアドレス、法人のメールアドレスなど、お客様がコントローラー (管理者) であるあらゆる個人データが該当します。

1.4 「お客様のリポジトリデータ」とは、お客様がプライベートリポジトリにアップロードまたは作成した任意のデータまたは情報のことを言います。

1.5 「データ侵害」とは、個人データの侵害など、保護されているお客様のデータの侵害が確認された、または合理的に疑われる場合を差します。

1.6 「エンドユーザー」とは、GitHubアカウントを管理し、GitHub利用規約に同意していて、その個人データがGitHubによって転送、保存、処理されるデータ主体です。 たとえば、GitHubアカウントを持っている、お客様の各従業員や契約者も、GitHubのエンドユーザーです。

1.7 "Permitted Purposes" for data processing are those limited and specific purposes of providing the Service as set forth in these GitHub Supplemental Terms, the GitHub Privacy Statement, and this Exhibit A, or the purposes for which a Data Subject has authorized the use of Customer Personal Data.

1.8 "Protected Data" includes any Customer Personal Data and any Customer Repository Data processed by GitHub on behalf of Customer under these GitHub Supplemental Terms.

1.9 「機密データ」とは、人種または民族的出自、政治上の意見、宗教的または哲学的な信念、あるいは労働組合への加入、自然人を一意に識別する遺伝子データまたはバイオメトリックデータの処理、健康状態や性生活、性的指向に関するデータ、および犯罪、前科、または保安に関するデータなどを明らかにする個人データを言います。

2. ステータスとコンプライアンス

2.1 Data Processing. GitHub acts as a Processor in regard to any Customer Personal Data it receives in connection with these GitHub Supplemental Terms, and GitHub will process Customer Personal Data only for Permitted Purposes in accordance with Customer's instructions as represented by these GitHub Supplemental Terms and other written communications. 適用されるデータ保護法との不一致などが理由で、GitHubがお客様の指示を遵守できない場合、または適用されるデータ保護法その他の法的要件によって処理が必要とされる場合、GitHubは許可される範囲でお客様に通知します。 GitHubは、お客様の個人データをすべて米国ならびに欧州連合で処理しますが、GitHubのサブプロセッサー (副処理者) はデータを米国または欧州連合以外で処理する可能性があります。 また、GitHubはお客様のリポジトリデータについて処理者として機能します。

2.2 データコントローラー (管理者)。 GitHubは、個人データをお客様から受け取ることも、またエンドユーザーアカウントを作成するデータ主体から直接受け取ることもあります。 お客様は、直接GitHubに移転する場合にお客様の個人データのコントローラー (管理者) となります。

2.3 GitHubのコンプライアンス。 GitHubは、個人データの越境移送に適用されるプライバシーシールドを遵守することを表明および保証します。 GitHub will remain certified under Privacy Shield for the duration of the GitHub Supplemental Terms, provided Privacy Shield remains a valid data transfer mechanism. GitHubが認証されなくなった場合、またはプライバシーシールドが有効なデータ移転メカニズムでなくなった場合については、セクション7を参照してください。 GitHubは、個人データの処理に関して、適用されるデータ保護法に従います。

3. データ保護

3.1 目的限定。 GitHubは、当事者が目的の拡大に書面で合意する場合を除き、許可された目的でのみ、保護データを処理し通信します。

3.2 データの品質とポータビリティ。 GitHubはお客様の個人データを正確に、かつ最新の状態に保ちます。または、お客様にそのようにさせます。 GitHubは商業的に妥当な手順で、お客様に代わって収集した保護データが適切、妥当であり、それが移転および処理される目的に関連して過剰でないことを保証します。 いかなる場合も、GitHubがお客様に代わって故意に過密データを集めることはありません。 お客様は、GitHubサービスが機密データの保存を目的にしないことに同意するものとします。お客様が選択して機密データをサービスにアップロードする場合、お客様はGDPRの第9条、または適用されるデータ保護法で該当する条項に従う必要があります。

3.3 データの保持と削除。許可された目的に必要でなくなってから、お客様から合理的な請求があった場合、法律で禁じられている場合を除き、請求から30日以内に、GitHubはお客様の個人データすべてと関連データを、保存されているすべての場所で返却、破棄、匿名化します。 適用されるデータ保護法が必要とする限りにおいて、また適用されるデータ保護法の定める範囲とその期間に限って、GitHubはお客様の個人データと関連データを保持する場合があります。ただし、お客様の個人データは適用されるデータ保護法に定められた目的上必要な場合に限って処理し、その他の目的では処理しないこと、またお客様の個人データは適用されるデータ保護法で引き続き保護されることをGitHubは保証するものとします。

3.4 データ処理。GitHubは、お客様の個人データの処理に関するGDPRの第28条第3項に従って、以下の情報を提供します。

a. The subject matter and duration of the processing of Customer Personal Data are set out in the GitHub Supplemental Terms and this Addendum.

b. お客様の個人データの処理の性質と目的は、本付属文書のセクション3.1に記載されています。

c. 処理されるお客様の個人データのタイプは、GitHubのプライバシーについての声明に記載されており、ユーザ名、パスワード、メールアドレス、IPアドレスなどの個人データが含まれます。 GitHubは、お客様のアカウントに対する請求に必要な情報を処理しますが、クレジットカード情報は処理も保存もしません。 お客様は、お客様のプロフィール設定で、あるいはお客様の個人データをGitHubリポジトリにアップロードすることによって、追加の個人データをGitHubに提供することもできます。

d. お客様の個人データが関係するデータ主体のカテゴリは、お客様自体と、そのエンドユーザです。

e. The obligations and rights of Customer are set out in the GitHub Supplemental Terms and this Addendum.

4. セキュリティと監査の義務

4.1 技術的および組織的セキュリティ対策。最新技術、実装のコスト、処理の性質や範囲、目的と、考えられる可能性ごとのリスク、自然人の権利と自由の重大度を考慮して、GitHubは個人データの処理によって生じる偶発的または違法な破壊、紛失、改変、不正な開示といったリスクに応じ適切なレベルのセキュリティを確保するために、適切な技術的および組織的対策を講じるものとします。 GitHub will regularly monitor compliance with these measures and will continue to take appropriate safeguards throughout the duration of the GitHub Supplemental Terms. セキュリティ上の安全対策については、GitHubの責任を定めた、セキュリティに関する付属文書のセクション1.1.を参照してください。

4.2 インシデント対応と侵害通知。GitHubは、GitHubのセキュリティに関する付属文書と、適用されるデータ保護法の情報セキュリティ義務に従います。これには、データ侵害の通知義務も含まれます。 セキュリティ上の安全対策については、データ侵害の対応と通知を定めた、セキュリティに関する付属文書のセクション1.2.を参照してください。

4.3 GitHubのスタッフ。GitHubは、保護データの処理に当たるGitHubスタッフ全員が保護データを機密として扱うことに合意し、本付属文書と適用されるデータ保護法の遵守について適切な訓練を受けていることを保証する合理的な手順を踏むことを、表明および保証します。

4.4 記録。GitHubは、適用されるデータ保護法のもとで必要な情報を含め、お客様に代わって実行される全カテゴリの処理活動について完全、正確、最新の書面による記録を維持します。 支援がGitHubのセキュリティに、または個々のデータ主体のプライバシー権にリスクをもたらさない限り、GitHubはこれらの記録を、お客様が適用されるデータ保護法に準拠していることを証明するためなど合理的に必要とされる場合に、請求があればお客様に公開します。 セキュリティインシデントの発生時に支援を提供する際のGitHubの要件については、GitHubのセキュリティに関する付属文書のセクション1.2を参照してください。

4.5 コンプライアンスレポート。GitHubは、セキュリティに関する付属文書のセクション2.3に従って、セキュリティコンプライアンスレポートを、またセキュリティに関する付属文書のセクション2.3に従ってプライバシーコンプライアンスレポートを作成します。 お客様は、適用されるデータ保護法 (該当する場合は、GDPRの第28条第3項hも含め) によって付与される情報および監査の権利が、これらのコンプライアンスレポートによって満たされること、またGitHubの提供するコンプライアンスレポートが十分な情報を提供しない場合、またはお客様が規制当局または監督機関の監査に応じなければならない場合に限り発生することに同意します。 規制当局または監督機関の監査に関する当局の責任については、GitHubのセキュリティに関する付属文書のセクション3.1に記載されています。

4.6 支援。GitHubは、データプライバシーの影響評価、データ主体の権利請求、監督機関との協議などに関して、いずれの場合も、お客様の個人データの処理についてのみ、また処理の性質を考慮して、合理的な支援をお客様に提供します。

5. 保護データの使用と開示

5.1マーケティングには使用しない。GitHubは、第三者のコンテンツの広告を目的として保護データを使用せず、また合併・吸収の一環の場合を除いて保護データを第三者に売却しません。

5.2 GitHub Privacy Statement. The GitHub Privacy Statement, publicly available at https://help.github.com/en/github/site-policy/github-privacy-statement/, provides detailed notice of GitHub's privacy and data use practices, including its use of cookies, its dispute resolution process, and further details about GitHub's GDPR compliance.

6. 副処理とデータの委譲

6.1 データの保護。GitHubは、第三者の決済プロセッサー (処理者) など、保護データをサブプロセッサー (副処理者) に委譲する際の責任を負います。 GitHubが実際に第三者のサブプロセッサーに保護データを委譲する場合、またはGitHubが第三者のサービスをインストール、使用、または有効化してGitHubに代わって保護データを処理させる場合、GitHubはプライバシーシールドの原則および適用されるデータ保護法によってサブプロセッサーに求められるとおりに、その第三者サブプロセッサーが契約に準じて守秘義務、セキュリティ、ポリシー保護を遵守する、または少なくとも同レベルで提供するよう保証するものとします。

6.2 Acceptance of GitHub Subprocessors. Customer authorizes GitHub to appoint (and permit each subprocessor appointed in accordance with this Section 6 to appoint) subprocessors in accordance with Section 6 and any other restrictions in the GitHub Supplemental Terms. GitHubは、本契約の発効日時点で契約している現行のサブプロセッサーをそのまま採用し続けることもできます。

6.3 後続の副処理に関する一般的な合意。お客様は、GitHubが以下の要件を満たしているという条件で、GitHubが後続のサブプロセッサー (副処理者) と契約することを一般的に合意します。

a. 後続のサブプロセッサーは、欧州委員会が「適切」なレベルの保護があると宣言した国のデータのみを処理することに、あるいは標準契約条項に相当する条件で、または管轄の欧州データ保護当局によって付与される、拘束力のある企業規則の承認に従う、または適切なUS-EUプライバシーシールドの認証に従う、データのみを処理することに合意する必要があります。

b. GitHubは、後続のサブプロセッサーによるお客様の個人データへのアクセスを、そのサービスの実施に厳密に必要な内容のみに制限し、サブプロセッサーがそれ以外の目的でお客様の個人データを処理することを禁じます。

6.4 Disclosure of Subprocessor Agreements. GitHub maintains a list of onward subprocessors it has engaged to process Customer Personal Data at https://help.github.com/articles/github-subprocessors-and-cookies/, including the categories of Customer Personal Data processed, a description of the type of processing the subprocessor performs, and the location of its processing. お客様から書面による請求があれば、GitHubはこのサブプロセッサーリストと、お客様の個人データが処理されるときの条項を提供します。 サブプロセッサーの守秘制限に従って、GitHubはリストと条項をお客様に提供する前に、機密情報や商売上重要な情報を削除する場合があります。 GitHubが機密または重要な情報お客様に開示できない場合、当事者はGitHubが副処理の契約に従って合理的に可能な情報を提供することに合意します。

6.5 サブプロセッサーに対する異議。GitHubは、サブプロセッサーの追加と削除について、https://github.com/github/site-policy のサイトで、セクション6.4に挙げたカテゴリを含めて、30日前に書面で通知します。 GitHubと新しいサブプロセッサーとの契約に合理的な異議がある場合、お客様はただちに書面でGitHubに通知する必要があります。 可能な場合GitHubは、異議を受けたサブプロセッサーによるデータの処理を避けるために、商業的に相応の努力で、該当する「サービス」に代替策を講じるものとします。 In the event that GitHub is unable to provide an alternative solution and the Parties cannot resolve the conflict within ninety days, Customer may terminate the GitHub Supplemental Terms.

7. 解約

7.1 Suspension. In the event that GitHub is in breach of its obligations to maintain an adequate level of security or privacy protection, Customer may temporarily suspend the transfer of all Customer Personal Data or prohibit collection and processing of Customer Personal Data on Customer's behalf until the breach is repaired or the GitHub Supplemental Terms are terminated.

7.2 Termination with Cause. In addition to any termination rights Customer has under the GitHub Supplemental Terms, Customer may terminate the GitHub Supplemental Terms without prejudice to any other claims at law or in equity in the event that:

a. GitHubがプライバシー義務を満たせなくなったとお客様に通達する。

b. お客様の個人データすべての委譲、収集、処理が、セクション7.1に従って1か月以上一時停止されている。

c. GitHubが、本付属文書での保証または代理を実質的に、または永続的に侵害している。

d. GitHubが、事業を継続しなくなった、解散した、財産管理に入った、あるいはGitHubに代わって清算命令が発令された。

e. セクション6.5に従ってお客様がサブフォルダに異議を申し立て、GitHubが90日以内に代替策を講じられなかった。

7.3 Breach. Failure to comply with the material provisions of this Addendum is considered a material breach under the GitHub Supplemental Terms.

7.4 不履行。法律または規制の変更によって、本付属文書の遂行が不可能になった、または商業的に妥当でなくなった場合、当事者は誠意をもって本付属文書を再交渉することができます。 If renegotiation would not cure the impossibility, or if the Parties cannot reach an agreement, the Parties may terminate the GitHub Supplemental Terms after thirty days.

7.5 通知。GitHubが本付属文書に定めるプライバシー義務を満たせなくなったと判断した場合、GitHubはただちに書面でお客様に通知します。

7.6 変更。GitHubは、適用されるデータ保護法より必要な場合には随時、お客様に30日前に通知したうえで、本付属文書を変更できます。

7.7 解約の要件。解約の際、GitHubは以下をすべて実行する必要があります。

a. 妥当かつ適切な手段を講じて、お客様の個人データの処理を停止する。

b. セクション3.3に従ってGitHubがお客様に代わって保存していたお客様の個人データを、解約後90日以内に削除または匿名化する。

c. gitHubがセクション7.7の義務に従っているという合理的な保証をお客様に提示する。

8. データ処理の責任

8.1 Limitations. Except as limited by the Applicable Data Protection Laws, any claims brought under this Addendum will be subject to the terms of the Microsoft Customer Agreement regarding Limitations of Liability.

付属文書 B: セキュリティに関する付属文書

1. 情報セキュリティプログラム

1.1 セキュリティ管理

Throughout the duration of the GitHub Supplemental Terms, GitHub will maintain and enforce a written information security program ("Security Program") that aligns with industry recognized frameworks; includes security safeguards reasonably designed to protect the confidentiality, integrity, availability, and resilience of Customer Protected Data; is appropriate to the nature, size, and complexity of GitHub's business operations; and complies with the Applicable Data Protection Laws and other specific information security related laws and regulations that are applicable to the geographic regions in which GitHub does business.

a. セキュリティ責任者。 GitHubは、そのセキュリティプログラムの監督および実行と、情報セキュリティ問題に関するガバナンスおよび内部連絡について、その責任を負う上級従業員を指名しています。

b. セキュリティプログラムの変更。 関連する法律および規制によって通知が必要な場合、GitHubはお客様の保護データのセキュリティに悪影響を及ぼすセキュリティプログラムを変更しません。

c. GitHubは標準的なセキュリティ業界の慣例を維持します。これには以下のものが含まれますが、これに限定はされません。

  • 脆弱性管理プログラム
  • セキュア開発のトレーニング、レビュー、およびコーディングの慣例
  • 本番システムの論理および物理アクセス制御
  • 外部の技術支援および監査
  • セキュリティポリシー、標準、および標準運用手順
  • セキュリティおよびプライバシー意識向上トレーニング

1.2 Security Incident Management. Throughout the duration of the GitHub Supplemental Terms, and where applicable, GitHub will provide a Security incident management program as follows:

a. セキュリティの可用性とエスカレーション。 GitHubは、お客様と従業員がGitHubセキュリティチームにIssueを発行できるように、24時間365日の体制で、セキュリティ窓口とエスカレーションプロセスを設けます。

b. インシデント対応。 GitHubが、お客様のデータまたは個人データの偶発的または違法な破壊、紛失、改変、不正な開示またはアクセス (それぞれを「セキュリティインシデント」と言う) につながるセキュリティ侵害を認識した場合、GitHubは遅延することなく速やかに、(1) セキュリティインシデントをお客様に通知する、(2) セキュリティインシデントを調査し、セキュリティインシデントに関する詳細な情報をお客様に提供する、(3) 影響を抑え、セキュリティインシデントに起因する損害を最小限にとどめるために妥当な手段を講じることとします。

c. 通知。 セキュリティインシデントの通知は、GitHubが選ぶどんな手段を使ってでも、1つ以上のお客様の管理者に届きます。 お客様の管理者が通知を監視しておき応答するよう図ることは、全面的にお客様の責任となります。 お客様は、お客様に該当するインシデント通知関連法のもとでの義務に従い、セキュリティインシデントに関係する第三者の通知義務を満たす責任を全面的に負います。

d. 妥当な支援。 GitHubは、適用法または規制のもとで、かかるセキュリティインシデントについて関連監督機関およびデータ主体に通知するという義務をお客様が履行するのを支援するために、商業的に妥当な努力を払います。

1.3 下請けおよびベンダーに関する相当な注意。GitHubは、下請けおよびベンダーを使用する際、相当な注意を払うものとします。 GitHubは、ベンダー評価レポートなど任意の評価結果を、最低3年間保管します。

1.4 データセンターの物理的な安全対策。GitHubがサードパーティベンダーを使用して本番環境をホストする範囲において、業界標準で定められた物理的なセキュリティ管理に従い、かつSOC 2またはISO 27001認証など年次の外部監査レポートを発行するベンダーをGitHubは選定します。 通信、ネットワークデバイス、その他の「データ伝送線」または機器を収めるエリア、キャビネット、ラックへのアクセスは、すべて以下のように制御されます。

a. 1つ以上の入口で、アクセスをバッジリーダーで制御する

b. 出口としてのみ使われるドアには、「一方通行」のドアノブを使用するか、バー状の出口装置を設置する

c. すべてのドアには、ドアアラームを設置する

d. 出口のドアにはビデオ監視機能を付ける

e. カードアクセスおよびビデオシステムはすべて、発電機またはUPSバックアップシステムに接続する

2. 情報請求とコンプライアンスレポート

2.1 情報請求。お客様から書面で請求があり、1年に1回を超えていない場合、GitHubは1回の情報請求に応じ、セキュリティおよびコンプライアンスのリスク関連情報にアクセスできるようにします。 この応答は、請求の受理から30日以内に書面で行われ、どの請求も必要な説明は保留されます。

2.2 応答の内容。GitHubは、GitHub単独の裁量で、かつそのデータとサービスに基づき、GitHubの判断に応じて、本番データセンター、IaaS、PaaS、またはプライベートホスティングプロバイダの関連監査レポートを年次応答に含めます。

2.3 GitHubセキュリティ監査レポート。GitHubは、外部監査を実行して、SOC1タイプ2の監査レポートと、SOC2タイプ2の監査レポートを発行します。 GitHub will continue to execute audits and issue corresponding reports for the duration of the GitHub Supplemental Terms on at least an annual basis.

3. 規制監査との協力

3.1 規制監査。お客様が規制監査、すなわちGitHubからの参加を必要とする監督機関に対応した監査を実行する場合、GitHubは関連するスタッフ、ドキュメント、アプリケーションソフトウェアにアクセスできるようにして、関係の請求と完全な協力態勢をとります。 お客様は、かかる規制または監督機関の監査について、以下の責任を負います。

a. お客様は必ず独立第三者 (つまり規制者または規制者の代理) を使用し、お客様に関係しない結果とデータにはお客様のアクセスを制限します。

b. かかる監査の通知は、書面にて、適切なタイミングでGitHubに提供される必要があります。規制者の通知は保留され、適切なスタッフが支援に回れるようになります。 規制者が監査または捜査のことを事前にお客様に通知できなかった場合、GitHubは規制者が定める期限で応答します。

c. 第三者の監査人は、発見結果と、規制者が許可する場合の推奨策をGitHubに開示する必要があります。

d. 規制監査の場合、アクセスが許可されるのは規制者の営業時間内 (太平洋時間) だけです。

e. 法律の許可する範囲において、お客様はGitHubのかかる監査を通じて収集された、性質上機密であるべき情報の機密を保持する必要があります。

付属文書 C: セクション 1-3 における定義

アクティブユーザ」とは、「停止」時に「サービス」へのアクセスを試みる「ユーザ」を意味します。

”Add-On Software” means Advanced Security, Insights, Learning Lab for Enterprise Server, and other additional Software add-on products that GitHub may offer from time to time.

Advanced Security」とは、カスタマイズ可能で、自動化されたセマンティックコードを通じて、お客様がセキュリティの脆弱性を特定できるソフトウェア機能を意味します。

関係会社」とは、直接的または間接的に支配している、支配されている、あるいは当事者と共通の支配下にある、あらゆる法人を意味します。本定義において「支配」とは、所有権のうち 50% 超を持つか、当該法人の経営管理を指揮する権限を有することを意味します。

全ユーザ」とは、「サービス」を利用する、「お客様」の「ユーザ」および「外部ユーザ」を総称的に意味します。

Connect」または「GitHub Connect」とは、お客様が「ソフトウェア」で「サービス」に接続できるようにする、「ソフトウェア」に含まれる機能を意味します。 「GitHub Connect」の利用については、GitHub 追加製品の利用規約に記載されている「GitHub Connect」の規約も適用されます。

コンテンツ」とは、機能、表示、その他 「サービス」を通じて利用できる、テキスト、データ、記事、画像、写真、図表、ソフトウェア、アプリケーション、設計、機能、その他それらに制約されないあらゆる素材を意味します。

企業アカウント」とは、法人を代表して「ユーザ」により作成されたアカウントを意味します。

"Customer" means, collectively, the company or organization that has entered into these GitHub Supplemental Terms with GitHub by clicking on the "I AGREE" or similar button or by accessing the Products, and Customer's Affiliates and Representatives.

お客様のコンテンツ」とは、お客様が作成、所有するか、お客様が権利を所有する 「コンテンツ」 を意味します。

お客様による改善」とは、「ソフトウェア」に含めるまたは「ソフトウェア」からリンクすることができる、オープンソースライセンスの下にライセンスを受けたあらゆるライブラリのバグ修正、カスタマイズ、または追加機能を開発する目的のためにのみお客様が行うことができる「ソフトウェア」の改善を意味します。

ドキュメンテーション」とは、GitHub が提供するか、お客様に利用できるようにする、「ソフトウェア」または「サービス」に関連したあらゆるマニュアル、ドキュメンテーション、その他補助資料を意味します。

"Effective Date" is the earlier of the date on which Customer (i) agrees to the terms and conditions of these GitHub Supplemental Terms as described above, or (ii) first places an order for the Products.

不可欠なサービス」 とは、リポジトリの作成、「フォーク」、およびクローン、ブランチの作成、コミット、およびマージ、プルリクエストの作成、レビュー、およびマージ、ならびに中核となる Git ワークフローへのウェブ、API、および Git クライアントサービスを含む、GitHub の中核となるバージョン管理機能にとって不可欠なサービスを意味します。 これに含まれない周辺的な機能およびサービスの例としては、webhook、Gist、Pages、およびメール通知が挙げられます。

外部ユーザ」とは、「サービス」にアクセスまたは「サービス」を利用する、「お客様」以外の「ユーザ」である個人を意味します。

"Fees" means the fees Customer is required to pay GitHub to (i) use the Products during the applicable Subscription Term or (ii) receive Professional Services, as such fees are reflected on an Order Form or SOW.

“Feedback” means any ideas, know-how, algorithms, code contributions, suggestions, enhancement requests, recommendations or any other feedback on GitHub products or services.

フォーク」とは、1 つのリポジトリの「コンテンツ」を別のリポジトリにコピーすることを意味します。

GitHub」とは、GitHub, Inc、その「関係会社」および「担当者」を総称的に意味します。

GitHub のコンテンツ」とは、GitHub が作成、所有、またはその権利を所有する「コンテンツ」を意味します。

GitHub Insights」または「Insights」とは、「ソフトウェア」の利用に関するメトリクス、分析、および推奨事項をお客様に提供するソフトウェア機能を意味します。 GitHub Insights does not include legacy features of GitHub including organization insights and repository insights.

“GitHub One” means the Product bundle which includes GitHub Enterprise, Advanced Security, Insights, Learning Lab for Enterprise Server, and Premium Plus or Engineering Direct Support.

"Learning Lab for Enterprise Server" means the Software feature that enables Users to learn about GitHub functionality, including associated Documentation.

ライセンスキー」とは、お客様に「ソフトウェア」のインストール、操作、および利用ができるようにするための、「ソフトウェア」のアクセス管理機構により用いられるデータファイルを意味します。

コンピュータアカウント」とは、「コンピュータアカウント」のために該当する利用規約を受け入れ、有効なメールアドレスを提供し、その動作について責任を負う人間個人により登録されたアカウントを意味します。 「コンピュータアカウント」は、自動化されたタスクを実行するためにのみ用いられます。 「コンピュータアカウント」の動作は、複数の「ユーザ」が指示できますが、コンピュータの動作について究極的な責任を負うのは、アカウントの所有者です。

注文書」とは、「当事者」が「製品」を注文するために用いる、書面または電子的なドキュメント (見積書を含む) を意味します。

Organization」とは、複数の「ユーザ」が、一度に多くのプロジェクトをまたいでコラボレートするために、 単一のエンティティあるいは 1 つまたは複数の「ユーザ」に関連付けることができる共有のワークスペースを意味します。 「ユーザ」は複数の「Organization」のメンバーになることができます。

停止」とは、50% を超える「アクティブユーザ」に影響する、「不可欠なサービス」の中断を意味します。

プライベートリポジトリ」とは、「ユーザ」が「コンテンツ」へのアクセスを制御できるリポジトリを意味します。

プロフェッショナルサービス」とは、相互に締結した「SOW」に従い、GitHub が提供するトレーニング、コンサルティング、または実装サービスを意味します。 「プロフェッショナルサービス」には、「サポート」は含まれません。

パブリックリポジトリ」とは、「コンテンツ」が「全ユーザ」に表示できるリポジトリを意味します。

リリース」とは、GitHub がそのお客様に対して一般的に入手できるようにする「ソフトウェア」のリリースと、それに対応する「ドキュメンテーション」のあらゆる変更を意味し、機能拡張、新機能、新機能性が含まれ、一般的に左から 1 つ目の点の右側にある数字の変更 (例: x.x.x から x.y.x)、または左側の数字の変更 (例: x.x.x から y.x.x) により示されます。

担当者」とは、「当事者」の従業員、代理人、独立契約者、コンサルタント、および財務顧問を意味します。

スクレイピング」とは、ボットやウェブクローラーなどの自動的な処理により、「サービス」からデータを抽出することを意味します。GitHub の API を通して情報を収集することはこれに含まれません。

サービス」とは、ホストされた GitHub Enterprise Cloud サービスを意味します。 「サービス」には、「Organization」アカウント、SAML シングルサインオン、アクセスのプロビジョニング、および該当するあらゆる「ドキュメンテーション」が含まれます。 ここに挙げた機能やサービスは網羅的なものではなく、随時アップデートされる可能性があります。

サービスクレジット」とは、以下に定める計算により、GitHub が適格なアカウントに払い戻す、ドルのクレジットを意味します。

"Software" means GitHub Enterprise Server on-premises software. Software includes the GitHub Connect feature, any applicable Documentation, any Updates to the Software that GitHub provides to Customer or that it can access under these GitHub Supplemental Terms, and, if included in Customer’s subscription, Add-On Software.

SOW」とは、GitHub が実施する「プロフェッショナルサービス」の作業詳細、それに関するあらゆる「料金」、およびそれに関する各「当事者」の義務について、相互に締結した声明書を意味します。

プランライセンス」とは、お客様を代表して「製品」をインストール、操作、アクセス、および利用するために各「ユーザ」に割り当てられるライセンスを意味します。 お客様は、GitHub Enterprise Server のインスタンスおよび GitHub Enterprise Cloud Organization にわたって、「ユーザ」ごとに「プランライセンス」を 1 つのみ割り当てることができます。 各「ユーザ」は、お客様の Enterprise Server インスタンスまたは Enterprise Cloud Organization に、お客様が許可する範囲でアクセスできます。 ただし、明確にするために記すと、お客様が「プランライセンス」を「ユーザ」にいったん割り当ててから、1 人の「ユーザ」が Enterprise Server の「プランライセンス」を利用しながら、別の「ユーザ」が同一の「プランライセンス」で GitHub Enterprise Server の別のインスタンスまたは GitHub Enterprise Cloud の Organization を利用できるようにお客様が「プランライセンス」を分けることは認められないものとします。 「プランライセンス」は、「ユーザ」ごとに付与され、複数の「ユーザ」が同一の「プランライセンス」を利用することはできません。 お客様は、「プランライセンス」を最後に再割り当てしてから 90 日間が経過しなければ、新しい「ユーザ」に同一の「プランライセンス」を再割り当てすることはできません。ただし、再割り当てが以下の理由による場合を除きます。(i) ハードウェアの永久的な故障または喪失、(ii) 「ユーザ」の雇用または契約の終了、または (iii) 「ユーザ」の欠勤を代替するための、「プランライセンス」の一時的な再割り当て。 お客様がある「ユーザ」から別の「ユーザ」に「プランライセンス」を割り当てる際は、前の「ユーザ」の「プランライセンス」 およびお客様の「Organization」へのアクセスをお客様がブロックする必要があります。

プラン契約期間」とは、注文に適用される発効日か、「注文書」に記載されている発効日から 1 年間の期間を意味します。

サポート」とは、GitHub が提供する場合がある、「ソフトウェア」または「サービス」への技術サポートを意味します。

アップデート」とは、GitHub がそのお客様に対して一般的に入手できるようにする「ソフトウェア」のリリースと、それに対応する「ドキュメンテーション」のあらゆる変更を意味し、エラーの修正やバグの修正が含まれ、一般的に左から 2 つ目の点の右側にある数字の変更 (例: x.x.x から x.x.y) により示されます。

“Uptime” means the percentage of time in a given quarter where GitHub's Essential Services will not be interrupted by an Outage affecting more than 50% of Active Users

“User” means (i) with respect to the Software, a single person or Machine Account that initiates the execution of the Software or interacts with or directs the Software in the performance of its functions; and (ii) with respect to the Service, an individual or Machine Account who (a) accesses or uses the Service, (b) accesses or uses any part of Customer’s account, or (c) directs the use of Customer’s account in the performance of functions, in each case on Customer’s behalf. 「ユーザ」の数は、「お客様」が購入した「プランライセンス」の数を超過してはなりません。

ユーザ生成コンテンツ」とは、第三者または「外部ユーザ」が作成または所有する「コンテンツ」を意味します。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください