ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Enterprise アカウントについて

GitHub Enterprise Cloud では Enterprise アカウントを作り、Organization 間のコラボレーションを可能にしながら、管理者は一カ所で可視性と管理を扱えるようにできます。

Enterprise accounts are available with GitHub Enterprise Cloud. 詳細は「Enterprise アカウントについて」を参照してください。

Enterprise アカウントについて

Enterprise アカウントを使えば、複数の GitHub Organization を管理できます。 Enterprise アカウントは、GitHub 上の Organization や個人アカウントのようにハンドルを持たなければなりません。 Enterprise 管理者は、以下のような設定やプリファレンスを管理できます:

  • メンバーのアクセスと管理 (Organization のメンバー、外部コラボレーター)
  • 支払いと利用状況 (ユーザライセンス、Git LFS パック)
  • セキュリティ (シングルサインオン、2 要素認証)

現時点では、Enterprise アカウントは請求書で支払いを行っている GitHub Enterprise Cloud のお客様だけが利用できます。 Enterprise アカウントに接続されているすべての Organization に対する支払いは、1 つの請求にまとめられます。 詳細は「Enterprise アカウントのプランおよび利用状況を見る示」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud に関する詳細は「GitHub の製品」を参照してください。GitHub Enterprise へのアップグレードや、Enterprise アカウントの利用開始については、GitHub の営業チームにお問い合わせください。

メンバーアクセスと管理に関する詳細は「Enterprise アカウントでユーザを管理する」 を参照してください。

For more information about managing enterprise accounts using the GraphQL API, see "Enterprise accounts" in GitHub 開発者ドキュメンテーション.

Enterprise アカウントにリンクされた Organization を管理する

Organization は、多くの人がいくつものプロジェクトにわたって同時にコラボレーションできる共有アカウントです。 オーナーは、Organization のデータとプロジェクトへのメンバーのアクセスを、洗練されたセキュリティおよび管理機能で管理できます。 詳細は「Organization について」を参照してください。

Enterprise のオーナーは、Organization を作成して Enterprise にリンクできます。 Organization を Enterprise アカウントに追加した後は、Organization の設定を管理して強制できます。 特定の強制の選択肢は、設定によって異なります。概して、Enterprise アカウント内のすべての Organization に単一のポリシーを強制するか、Organization レベルでオーナーがポリシーを設定することを許可するかを選択できます。

詳細は「Enterprise アカウントで Organization を管理する」および「Enterprise アカウント内の Organization に対するポリシーを設定する」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください