ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

SAML シングルサインオンでボットおよびサービスアカウントを管理する

SAML シングルサインオンを有効にしている Organization は、ボットおよびサービスアカウントへのアクセスを維持できます。

SAMLシングルサインオンはGitHub Enterprise Cloudで利用できます。詳しい情報についてはGitHubの製品を参照してください。

ボットおよびサービスアカウントへのアクセスを維持するために、Organization の管理者はその Organization に対して SAML シングルサインオンを有効化することはできますが、強制することはできません。 Organization に対して SAML シングルサインオンを強制する必要がある場合は、アイデンティティプロバイダ (IdP) を利用してボットまたはサービスアカウントに外部アイデンティティを作成する方法があります。

Note: If you enforce SAML single sign-on for your organization and do not have external identities set up for bots and service accounts with your IdP, they will be removed from your organization.

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください