ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

アイデンティティプロバイダを Organization に接続する

SAML シングルサインオンおよび SCIM を使うには、あなたのアイデンティティプロバイダを、あなたの GitHub Organization に接続する必要があります。

SAML single sign-on is available with GitHub Enterprise Cloud. For more information, see "GitHub's products."

GitHub Organization で SAML SSO を有効化する前に、アイデンティティプロバイダ (IdP) を Organization に接続する必要があります。

アイデンティティプロバイダに関する SAML および SCIM の詳細については、以下のドキュメンテーションで確認できます:

  • Active Directory フェデレーションサービス (AD FS): SAML
  • Azure Active Directory (Azure AD): SAML および SCIM
  • Okta: SAML および SCIM
  • OneLogin: SAML および SCIM
  • PingOne: SAML
  • Shibboleth: SAML

メモ: GitHub がサポートする SCIM アイデンティティプロバイダは Azure AD、Okta、OneLogin です。 SCIM に関する詳細は「SCIM について」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください