ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

2 要素認証と SAML シングルサインオンについて

Organization の管理者は、SAML シングルサインオンと 2 要素認証を共に有効化し、Organization のメンバーの認証方法を追加できます。

SAMLシングルサインオンはGitHub Enterprise Cloudで利用できます。詳しい情報についてはGitHubの製品を参照してください。

2 要素認証 (2FA) は、Organization のメンバーに基本的な認証を提供します。 2FA を有効化することで、Organization の管理者はメンバーの GitHub アカウントが悪用される可能性を抑制できます。 2FA に関する詳細は「2 要素認証について」を参照してください。

認証方法を追加するために、Organization の管理者は SAML シングルサインオン (SSO) を有効化し、Organization のメンバーが Organization へのアクセスにシングルサインオンを使わなければならないようにすることができます。 詳細は「SAML シングルサインオンを使うアイデンティティおよびアクセス管理について」を参照してください。

2 要素認証と SAML SSO をどちらも有効化した場合、Organization のメンバーは以下のようにしなければなりません:

  • GitHub アカウントへのログインには 2 要素認証を利用
  • Organization へのアクセスにはシングルサインオンを利用
  • API あるいは Git のアクセスには認可されたトークンを使い、トークンの認可にはシングルサインオンを利用

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください