ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Git Large File Storage の使用状況を表示する

アカウントの毎月の帯域幅容量と Git LFS の残りの容量を監査できます。

ここには以下の内容があります:

Bandwidth and storage usage only count against the repository owner's quotas. In forks, bandwidth and storage usage count against the root of the repository network. Anyone with write access to a repository can push files to Git LFS without affecting their personal bandwidth and storage quotas or purchasing data packs. Forking and pulling a repository counts against the parent repository's bandwidth limit. 帯域に未使用があっても、翌月には持ち越しできません。

個人アカウントのストレージと帯域幅の使用状況を表示する

  1. In the upper-right corner of any page, click your profile photo, then click Settings.

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In your user settings sidebar, click Billing.

    Billing settings

  3. Subscriptions(プラン)をクリックしてください。

    [Subscriptions] タブ

  4. "Git LFS Data(Git LFSのデータ)"の下で、利用している帯域とストレージの詳細を見てください。

    Git LFSのデータ利用状況の詳細

Organization のストレージと帯域幅の使用状況を表示する

オーナーあるいは支払いマネージャーロールを持っている Organization のメンバーだけが、Organization の支払い設定へのアクセスあるいは変更が可能です。

  1. In the top right corner of GitHub, click your profile photo, then click Your profile.

    Profile photo

  2. On the left side of your profile page, under "Organizations", click the icon for your organization.

    organization icons

  3. Under your organization name, click Settings.

    Organization settings button

  4. In your organization's Settings sidebar, click Billing.

    Billing settings

  5. Subscriptions(プラン)をクリックしてください。

    [Subscriptions] タブ

  6. "Git LFS Data(Git LFSのデータ)"の下で、利用している帯域とストレージの詳細を見てください。

    Git LFSのデータ利用状況の詳細

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください