ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ロックされたアカウントのロックを解除する

有料から無料にサブスクリプションをダウングレードした場合、または、請求の問題により支払いが期限を過ぎた場合、お客様の Organization のプライベートリポジトリはロックされます。

ここには以下の内容があります:

Organization の支払い方法をアップデートして支払いステータスを回復することで、プライベートリポジトリのロックを解除しアクセスできるようになります。 ロックされたモードで経過した時間の分については、お支払いを請求いたしません。

ロックされたプライベートリポジトリを削除したり、パブリックにすることはありません。 支払いのなかった一定期間の後、GitHub は、ロックされたリポジトリを削除する権利を留保します。

Organization からリポジトリを移動するために短期のアクセスが必要が場合、GitHub Supportまたは GitHub Premium Support にご連絡ください。

支払いの拒否による Organization のロックの解除

支払いの拒否により Organization がロックされた場合、支払い情報をアップデートして、新しく認められた支払いを開始する必要があります。 詳細は「支払い方法を追加または編集する」を参照してください。

新しい請求情報が承認された場合、お客様が選択した有料製品について直ちに請求します。 支払いが無事行われると、自動的に Organization のロックが解除されます。

プランのダウングレードによりロックされた Organization のロックを解除する

Organization を GitHub Team for Open Source にダウングレードしたことでプライベートリポジトリがロックされた場合、次のようにして対処できます:

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください