ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

フォーク内を検索する

デフォルトではフォークは検索結果に表示されません。 リポジトリの検索にフォークを含めることができます。一定の要件を満たす場合は、コードの検索でもできます。

リポジトリの検索結果でフォークを表示するには、クエリに fork:true または fork:only を追加します。

フォークは、親リポジトリより Star が多い場合に限り、コード検索用にインデックスされます。 親より Star が少ないフォークのコードは検索できません。 コード検索結果で親リポジトリより Star の多いフォークを表示するには、クエリに fork:true または fork:only を追加します。

fork:true 修飾子は、フォークを含む、検索クエリにマッチする全ての結果を表示できます。 fork:only 修飾子は、検索クエリにマッチするフォークだけを表示できます。__

修飾子 サンプル
fork:true github fork:true は、フォークを含め、「github」という単語を含む全てのリポジトリにマッチします。
android language:java fork:true は、フォークおよびリポジトリの両方にある Java で記述された「android」という単語があるコードにマッチします。
fork:only github fork:only は、「github」という単語を含むすべてのフォークリポジトリにマッチします。
forks:>500 fork:only は、フォークが 500 超の、フォークであるリポジトリのみを表示します。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください