ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

プロジェクトボードの自動化を設定する

指定したイベントが発生した時に Issue やプルリクエストをプロジェクトボードに移動させるよう、自動化されたワークフローを設定できます。

リポジトリのプロジェクトボードに自動化されたワークフローをセットアップするには、リポジトリへの書き込みアクセス権が必要です。Organization のオーナーやメンバーは、Organization 全体にわたるプロジェクトボードに自動化ワークフローを設定できます。 詳しい情報については、「プロジェクトボードの自動化について」を参照してください。

プロジェクトボードテンプレートを使って、自動化が設定済みのプロジェクトボードを作成できます。詳細は「プロジェクトボードについて」を参照してください。

プロジェクトボードをクローズすると、そのプロジェクトボードに設定されたワークフローの自動化は中断します。プロジェクトボードを再オープンする場合には、自動化の同期を行い、ボードに設定された自動化の設定に従ってボード上のカードの位置を更新できます。詳しい情報については「クローズしたプロジェクトボードを再オープンする」または「プロジェクトボードをクローズする」を参照してください。

Tip: To edit columns that already have configured automation, click Manage at the bottom of the column.

  1. 自動化したいプロジェクトボードに移動します。
  2. 自動化したい列で、をクリックします。
    編集アイコン
  3. [Manage automation] をクリックします。
    [Manage automation] ボタン
  4. [Preset] ドロップダウンメニューで、自動化のプリセットを 1 つ選びます。
    メニューから自動化のプリセットを選択
  5. 列に設定したいワークフロー自動化を選択します。
    列の自動化オプションのリスト
  6. [Update automation] をクリックします。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください