ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

プロジェクトボードへのノートの追加

タスクリマインダーとして働くノートや、プロジェクトボードに関連する情報を追加するためのノートをプロジェクトボードに追加できます。

参考:

  • ノートは、Markdown の構文で書式設定できます。 たとえばヘッディング、リンク、タスクリスト、絵文字を使うことができます。 詳しい情報については基本的な書き方とフォーマットの構文を参照してください。

  • ドラッグアンドドロップやキーボードのショートカットを使用してノートを並び替えたり列間で移動させたりできます。 キーボードショートカットに関する詳しい情報については、「キーボードショートカットを使用する」の「プロジェクトボード」を参照してください。

  • ノートを追加するには、少なくとも 1 つの列がプロジェクトボードになければなりません。 詳しい情報についてはプロジェクトボードの作成を参照してください。

Issue、プルリクエスト、あるいは他のプロジェクトボードの URL をノートに追加すると、テキストの下のサマリーカードにプレビューが表示されます。

Issue および他のプロジェクトボードのプレビューを表示しているプロジェクトボードカード

プロジェクトボードへのノートの追加

  1. ノートを追加したいプロジェクトボードに移動します。

  2. ノートを追加したい列で をクリックします。

    列ヘッダ内のプラスアイコン

  3. ノートを入力し、[Add] をクリックします。

    ノートの入力フィールドとカードの追加ボタン

    参考: ノート内では、Issue やプルリクエストの URL をカード内に入力してそれらを参照できます。

ノートの Issue への変換

ノートを作成した後に、それでは必要を十分満たせないことが分かった場合、Issue に変換できます。

ノートを Issue に変換した場合、ノートの内容を使って Issue が自動的に作成されます。 ノートの先頭行が Issue のタイトルになり、ノートのそれ以降の内容が Issue の説明に追加されます。

参考: ノートの本体には誰かへの @メンション、他の Issue あるいはプルリクエストへのリンクを追加したり、絵文字を追加したりできます。 これらの GitHub形式の Markdown の機能はプロジェクトボードのノート内ではサポートされていませんが、ノートが Issue に変換されれば、正しく表示されるようになります。 これらの機能の使い方に関する詳しい情報についてはGitHub上での書き込みと書式設定についてを参照してください。

  1. Issue に変換したいノートにアクセスしてください。

  2. ノートの右上で、 をクリックします。

    ノートの右上の水平ケバブアイコン

  3. [Convert to issue] をクリックします。

    [Convert to issue] ボタン

  4. カードが Organization 全体のプロジェクトボード上にあるなら、ドロップダウンメニューから Issue を追加したいリポジトリを選択してください。

    Issue を作成できるリポジトリのリストを示しているドロップダウンメニュー

  5. 事前に記入された Issue のタイトルを編集することもできます。そして Issue の本文を入力してください。

    Issue のタイトルと本体のためのフィールド

  6. [Convert to issue] をクリックします。

  7. ノートは自動的に Issue に変換されます。 プロジェクトボードでは、新しい Issue のカードが以前のノートと同じ場所に置かれます。

ノートの編集と削除

  1. 編集あるいは削除したいノートにアクセスします。

  2. ノートの右上で、 をクリックします。

    ノートの右上の水平ケバブアイコン

  3. ノートの内容を編集したい場合には、[Edit note] をクリックしてください。

    ノートの編集ボタン

  4. ノートの内容を削除するには、[Delete note] をクリックします。

    ノートの削除ボタン

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください