ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Permission levels for security advisories

The actions you can take in a security advisory depend on whether you have admin or write permissions to the security advisory.

ここには以下の内容があります:

権限の概要

リポジトリに対する管理者権限があるユーザなら誰でも、セキュリティアドバイザリを作成できます。

リポジトリに対する管理者権限を持っている人は、そのリポジトリ内のすべてのセキュリティアドバイザリに対する管理権限も持ちます。 セキュリティアドバイザリに対する管理者権限を持っている人は、コラボレータを追加でき、コラボレータはセキュリティアドバイザリに対する書き込み権限を持ちます。 For more information about adding a collaborator to a security advisory, see "Adding a collaborator to a security advisory."

アクション Write 権限 Admin 権限
See a draft security advisory X X
Add collaborators to the security advisory (see "Adding a collaborator to a security advisory") X
Edit and delete any comments in the security advisory X X
Create a temporary private fork in the security advisory (see "Collaborating in a temporary private fork to resolve a security vulnerability") X
Add changes to a temporary private fork in the security advisory (see "Collaborating in a temporary private fork to resolve a security vulnerability") X X
一時的なプライベートフォークにプルリクエストを作成する (「一時的なプライベートフォークで、セキュリティ脆弱性を解決するためにコラボレートする」を参照) X X
Merge changes in the security advisory (see "Collaborating in a temporary private fork to resolve a security vulnerability") X
Add and edit metadata in the security advisory (see "Publishing a security advisory") X X
Close the draft security advisory X
Publish the security advisory (see "Publishing a security advisory") X

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください