ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ファイルを Git Large File Storage から削除する

リポジトリに Git LFS をセットアップしてあれば、Git LFS からは、すべてのファイルを削除することも、ファイルのサブセットを削除することもできます。

ここには以下の内容があります:

1 つのファイルを削除する

  1. filter-branch コマンドか BFG Repo-Cleaner を使用して、リポジトリの Git 履歴からファイルを削除します。 これらを使用する詳しい情報については、「機密データをリポジトリから削除する」を参照してください。

  2. .gitattributes ファイルに移動します。

    メモ: .gitattributes ファイルは通常、ローカルリポジトリ内に保存されます。 場合によっては、Git LFS 関連をすべて含むグローバル .gitattributes ファイルが作成されている可能性があります。

  3. .gitattributes ファイル内で、関連付けられている Git LFS 追跡ルールを検索して削除します。

  4. .gitattributes ファイルを保存して終了します。

Git LFS リポジトリ内にあるすべてのファイルを削除する

  1. filter-branch コマンドか BFG Repo-Cleaner のいずれかを使用して、リポジトリの Git 履歴から ファイルを削除します。 これらを使用する詳しい情報については、「機密データをリポジトリから削除する」を参照してください。
  2. オプションで、リポジトリにある Git LFS をアンインストールするには、次を実行します:

    $ git lfs uninstall

    バージョンが 1.1.0 より前の Git LFS については、次を実行します:

    $ git lfs uninit

リポジトリにある Git LFSオブジェクト

Git LFS からファイルを削除した後でも、Git LFS オブジェクトはそのままリモートストレージに存在し、Git LFS ストレージ容量に対するカウントも継続します。

Git LFS オブジェクトをリポジトリから削除するには、リポジトリを削除して再作成します。 リポジトリを削除すると、関連する Issue、Star、フォークも削除されます。

メモ: ファイルを 1 つ削除しても、それ以外の Git LFS オブジェクトはリポジトリに保持する場合は、リポジトリを削除して再作成してから、Git LFS に関連付けられたファイルを再設定してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください