ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Git Large File Storage でのコラボレーション

Git LFSを有効にすると、大容量のファイルも Git で扱う通常のファイルと同じようにフェッチ、修正、プッシュできます。 ただし、Git LFSを持っていないユーザの場合、ワークフローが異なります。

ここには以下の内容があります:

リポジトリのコラボレーターが Git LFSをインストールしていない場合、オリジナルの大容量ファイルにはアクセスできません。 リポジトリのクローンを試みた場合、ポインタファイルをフェッチするのみで、実際のデータにはアクセスできません。

Tip: To help users without Git LFS enabled, we recommend you set guidelines for repository contributors that describe how to work with large files. For example, you may ask contributors not to modify large files, or to upload changes to a file sharing service like Dropbox or Google Drive. For more information, see "Setting guidelines for repository contributors."

プルリクエストの大容量ファイルを表示する

GitHubは、プルリクエストの Git LFSオブジェクトを表示しません。 ポインタファイルのみが表示されます:

大容量ファイルのプルリクエスト例

For more information about pointer files, see "About Git Large File Storage."

To view changes made to large files, check out the pull request locally to review the diff. For more information, see "Checking out pull requests locally."

大容量ファイルをフォークにプッシュする

リポジトリのフォークに大容量ファイルをプッシュすると、フォークのオーナーのではなく、親リポジトリの、帯域幅およびストレージのクオータを消費することになります。

リポジトリネットワークですでに Git LFSオブジェクトがあるか、リポジトリネットワークのルートに書き込みアクセスがある場合、パブリックフォークに Git LFSオブジェクトをプッシュできます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください