ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ストレージと帯域の利用について

Every account using Git Large File Storage receives 1 GB of free storage and 1 GB a month of free bandwidth. If the bandwidth and storage quotas are not enough, you can choose to purchase an additional quota for Git LFS.

GitHub 上のすべてのリポジトリで、あなたのアカウントもしくは Organization が有料プランを持っているかどうかにかかわらず、Git LFS が利用できます。

ストレージと帯域の利用の追跡

Git LFSで追跡されているファイルに変更をコミットしてプッシュした場合、ファイルは全体として新しいバージョンがプッシュされ、総ファイルサイズがリポジトリのオーナーのストレージ制限に対してカウントされます。 Git LFSで追跡されているファイルをダウンロードすると、総ファイルサイズはリポジトリのオーナーの帯域制限に対してカウントされます。 Git LFSのアップロードは帯域制限に対してカウントされません。

例:

  • 500 MB のファイルを Git LFS にプッシュすると、あなたに割り当てられた 500 MB のストレージを使うことになりますが、あなたの帯域は消費されません。 1 バイト分の変更を加えてそのファイルを再度プッシュすると、さらに 500 MB のストレージが使われ、帯域は消費されません。これらの 2 つのプッシュによる合計で、1 GB のストレージが使われ、帯域の消費はありません。
  • LFS で追跡されている 500 MB のファイルをダウンロードした場合、リポジトリのオーナーに割り当てられている帯域を 500 MB 消費します。 コラボレータがそのファイルに変更をプッシュし、あなたが新しいバージョンをローカルのリポジトリにプルしたなら、あなたは 500 MB の帯域を新たに消費するため、この 2 つのダウンロードでの合計の使用帯域は 1 GB になります。

ヒント

  • Bandwidth and storage usage only count against the repository owner's quotas. In forks, bandwidth and storage usage count against the root of the repository network. Anyone with write access to a repository can push files to Git LFS without affecting their personal bandwidth and storage quotas or purchasing data packs. Forking and pulling a repository counts against the parent repository's bandwidth limit.

  • 帯域に未使用があっても、翌月には持ち越しできません。

ストレージの容量

データパックを購入せずに 1 GB以上にストレージを使用した場合でも、引き続き大きなアセットを持つリポジトリをクローンすることができますが、取り出せるのはポインタファイルのみであり、新しいファイルをプッシュして戻すことはできません。

帯域の容量

データパックを購入せずに 1 GB以上の帯域を月あたりに利用した場合、翌月までアカウントの Git LFSサポートは無効化されます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください