ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

画像をレンダリングして違いを見極める

GitHub では、一般的な画像形式のいくつか (PNG、JPG、GIF、PSD、SVG など) を表示できます。 単に表示するだけではなく、画像を異なるバージョン間で比較する方法もいくつかあります。

メモ: Firefox ブラウザを使用している場合、GitHub では SVG がレンダリングされない可能性があります。

画像を表示する

GitHub リポジトリにある画像は、直接アクセスして表示することができます。

インライン画像

SVG では現在、インラインスクリプトやアニメーションはサポートされていません。

差異を見る

画像は、見開き (2-Up)スワイプ (Swipe)、およびオニオンスキン (Onion Skin)の 3 種類のモードで表示して比較できます。

見開き(2-Up)

見開き (2-Up) はデフォルトモードで、一度に両方の画像を見ることができます。 加えて、画像のサイズがバージョン間で変わっていれば、その違いがそのまま表れます。 このモードではサイズの違いが明瞭にわかります。アセットがより高い解像度にアップグレードされた場合などにサイズが変わります。

見開き(2-Up)

スワイプ

スワイプでは画像の部分を並べて表示することができます。 新旧画像間でなされた微妙な色変更がわかりづらいといった場合、 スワイプスライダーを問題の領域までドラッグして注目すると、違いが見えてきます。

スワイプ

オニオンスキン

オニオンスキンは、要素の移動量が小さくてわかりづらい場合に役立ちます。 ほとんど変わっていないように見えるアイコンが、もしかしたら 2 ピクセルほど左にずらされているかもしれません。その場合、 スライダーで不透明度を調節して、それが動くかどうかを見てください。

オニオンスキン

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください