ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub に geoJSON ファイルをマッピングする

GitHub は、GitHub リポジトリでの geoJSON および topoJSON マップ ファイルのレンダリングをサポートしています。 .geojson または .topojson 拡張子を使って、通常と同じようにファイルをコミットするだけです。 .json 拡張子の付いたファイルもサポートされますが、typeFeatureCollectionGeometryCollection、または topology に設定されている場合に限られます。 コミット後、GitHub.com で geoJSON ファイルのパスに移動してください。

右側にある紙アイコンをクリックすると、そのファイル ドキュメントに加えられた変更も、コミットの一部として表示されます。

ソースとレンダリングの切り替えのスクリーンショット

ジオメトリのタイプ

GitHub のマップは Leaflet.js を使用し、geoJSON の仕様 (Point、LineString、Polygon、MultiPoint、MultiLineString、MultiPolygon、GeometryCollection) に概要が示されているジオメトリのタイプをすべてサポートしています。 TopoJSON ファイルは "Topology" タイプで、topoJSON の仕様に従っている必要があります。

フィーチャーのスタイリング

GeoJSON オブジェクトのプロパティで追加のメタデータを渡すと、特定の色を指定する、説明アイコンを追加するなど、フィーチャーの表示方法をカスタマイズすることができます。 オプションは次のとおりです:

  • marker-size - smallmedium、または large
  • marker-color - 有効な RGB 16 進カラー
  • marker-symbol - Maki プロジェクトまたは英数字 1 文字 (a ~ z または 0 ~ 9) のアイコン ID
  • stroke - ポリゴンの辺やラインの色 (RGB)
  • stroke-opacity - ポリゴンの辺やラインの不透明度 (0.0 ~ 1.0)
  • stroke-width - ポリゴンの辺やラインの幅
  • fill - ポリゴンの内部の色 (GRB)
  • fill-opacity - ポリゴンの内部の透明度 (0.0 ~ 1.0)

詳細は simplestyle 公開仕様のバージョン 1.1.0 を参照してください。

マップを他の場所に埋め込む

GeoJSON マップを GitHub 以外の場所で使用するには、 次のテンプレートを修正し、JavaScript をサポートしている任意の HTML ページに貼り付けてください (例: GitHub Pages)。

<script src="https://embed.github.com/view/geojson/<username>/<repo>/<ref>/<path_to_file>"></script>

たとえば、マップの URL が github.com/benbalter/dc-wifi-social/blob/master/bars.geojson であれば、埋め込みコードは次のようになります:

<script src="https://embed.github.com/view/geojson/benbalter/dc-wifi-social/master/bars.geojson"></script>

デフォルトでは、埋め込まれるマップのサイズは 420px x 620px ですが、最後のパラメータとして、?height=300&width=500 のように height 変数と width 変数 を渡せば、出力をカスタマイズすることができます。

ノートrefはブランチ(masterのような)にすることも、あるいはハッシュや個別のコミット(2391ae)にすることもできます。

クラスタリング

マップに大量のマーカー (およそ 750 以上) が設定されている場合、ズーム レベルが大きいときは近隣のマーカーが自動的にクラスタ化されます。 クラスタをクリックしてズームするだけで、個々のマーカーが表示されます。

基になるマップに問題がある

基になるマップ データ (通りの名前、道路など) は、編集可能な無料の世界地図をコラボレーションによって作るプロジェクト、OpenStreetMap を利用しています。 オープンソースなので、何か不具合に気づいた場合は、ぜひサインアップして修正をサブミットしてください。

トラブルシューティング

geoJSON ファイルのレンダリングに問題がある場合は、geoJSON 文法チェッカーでそのファイルを実行し、有効な geoJSON ファイルであることを確認してください。 If your points aren't appearing where you'd expect (e.g., in the middle of the ocean), it's likely that the data is in a projection which is currently unsupported. 現在、GitHubでサポートされているのは urn:ogc:def:crs:OGC:1.3:CRS84 投影だけです。

また、10 MB を超えるような大きな .geojson ファイルは、ブラウザではレンダリングできません。 その場合は通常、次のようなメッセージが表示されます:

大きいファイル

その場合でも、.geojson ファイルを TopoJSON に変換すればデータをレンダリングできます。TopoJSONは、ファイルサイズを最大 80% まで縮小できる圧縮形式です。 ファイルを小さいチャンクに分割し (州ごと、年ごとなど)、データを複数のファイルとしてリポジトリに格納することは、もちろんいつでもできます。

他のリソース

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください