ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

コマンドラインを使用してファイルをリポジトリに追加する

コマンドラインを使って、既存のファイルを GitHubのリポジトリにアップロードできます。

参考: 既存のファイルを GitHub Web サイトから追加することもできます。

この手順は、以下が済んでいることを前提としています。

Warning: Never git add, commit, or push sensitive information to a remote repository. Sensitive information can include, but is not limited to:

  • Passwords
  • SSH keys
  • AWS access keys
  • API keys
  • Credit card numbers
  • PIN numbers

詳細は「機密データをリポジトリから削除する」を参照してください。

  1. 自分のコンピュータ上で、GitHubにアップロードしたいファイルを、リポジトリをクローンした際に作成したローカルディレクトリに移動します。

  2. ターミナルターミナルGit Bashターミナル を開いてください。

  3. ワーキングディレクトリをローカルのリポジトリに変更します。

  4. Stage the file for commit to your local repository.

    $ git add .
    # ファイルをローカルリポジトリに追加し、コミットするためにステージします。 ファイルをステージから降ろすには、'git reset HEAD YOUR-FILE' を使います。
    
  5. Commit the file that you've staged in your local repository.

    $ git commit -m "Add existing file"
    # 追跡された変更をコミットし、リモートリポジトリへのプッシュに備えます。 このコミットを削除してファイルを変更するには、'git reset --soft HEAD~1' を使い、コミットしてからファイルを再度追加してください。
    
  6. GitHub へ、ローカルリポジトリの変更をプッシュします。

    $ git push origin your-branch
    # Pushes the changes in your local repository up to the remote repository you specified as the origin

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください