ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

3Dファイルビューア

GitHubは、.stl 拡張子の 3D ファイルをホストしてレンダリングできます。

STLファイルを直接GitHubで見る場合、以下のことができます。

  • クリックしてドラッグすることでモデルを回転させる。
  • 右クリックしてからドラッグすることでビューを変換する。
  • スクロールしてズームイン及びズームアウトする。
  • 様々なビューモードをクリックしてビューを変更する。

Diff

STLファイルを含むコミットあるいは一連の変更を見る場合、そのファイルのdiffの前後を見ることができます。

デフォルトでは、変更されなかった物はすべてワイヤーフレームで表示されます。 追加分は緑になり、削除された部分は赤になります。

ワイヤーフレーム

Revision Slider(リビジョンスライダー)オプションを選択し、ファイル上のスライダーを使って現在と以前のリビジョン間を行き来することもできます。

低速なパフォーマンスの修正

このアイコンがビューアの隅に表示されている場合、そのブラウザではWebGLテクノロジが利用できません。

WebGLのポップエラー

使用しているコンピューターのハードウェアを完全に活用するためには、WebGLが必要です。 WebGLが有効化されている ChromeあるいはFirefoxなどのブラウザの利用をおすすめします。

エラー:"Unable to display"(表示不能)

モデルが不正なら、GitHub はそのファイルを表示できないことがあります。 加えて、10 MB 以上のファイルは大きすぎて GitHub は表示できません。

他の場所へのモデルの埋め込み

インターネット上の別の場所に3Dファイルを表示するには、このテンプレートを変更し、JavaScriptをサポートするHTMLページに配置します。

<script src="https://embed.github.com/view/3d/<username>/<repo>/<ref>/<path_to_file>"></script>

たとえばモデルのURLがgithub.com/skalnik/secret-bear-clip/blob/master/stl/clip.stlなら、埋め込むコードは以下のようになるでしょう。

<script src="https://embed.github.com/view/3d/skalnik/secret-bear-clip/master/stl/clip.stl"></script>

デフォルトでは、埋め込まれるレンダラは幅420ピクセル高さ620ピクセルになりますが、 ?height=300&width=500というように高さと幅の変数をパラメータとしてURLの終わりに渡せば、この出力はカスタマイズできます。

ノートrefはブランチ(masterのような)にすることも、あるいはハッシュや個別のコミット(2391ae)にすることもできます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください