ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

Create a repo

To put your project up on GitHub, you'll need to create a repository for it to live in.

You can store a variety of projects in GitHub repositories, including open source projects. With open source projects, you can share code to make better, more reliable software.

Note: You can create public repositories for an open source project. When creating your public repository, make sure to include a license file that determines how you want your project to be shared with others. オープンソースに関する詳しい情報、特にオープンソースプロジェクトの立ち上げと成長させる方法について、 Open Source Guides を作成しました。これは、オープンソースプロジェクトのためのリポジトリの作成と管理にに関するベストプラクティスを推奨することによって、健全なオープンソースコミュニティの育成を支援しようとするものです。 オープンソースコミュニティの管理に関する無料の GitHub Learning Lab コースを利用することもできます。

  1. 任意のページの右上で をクリックし、続いて [New repository] をクリックします。

    新規リポジトリの作成オプションを持つドロップダウン

  2. Type a short, memorable name for your repository. For example, "hello-world".

    Field for entering a repository name

  3. Optionally, add a description of your repository. For example, "My first repository on GitHub."

    Field for entering a repository description

  4. Choose to make the repository either public or private. Public repositories are visible to the public, while private repositories are only accessible to you, and people you share them with. For more information, see "Setting repository visibility."

    Radio buttons to select private or public status

  5. Select Initialize this repository with a README.

    Checkbox to create a README when the repository is created

  6. Click Create repository.

Congratulations! You've successfully created your first repository, and initialized it with a README file.

Commit your first change

A commit is like a snapshot of all the files in your project at a particular point in time.

When you created your new repository, you initialized it with a README file. README files are a great place to describe your project in more detail, or add some documentation such as how to install or use your project. The contents of your README file are automatically shown on the front page of your repository.

Let's commit a change to the README file.

  1. In your repository's list of files, click README.md.

    Readme file in file list

  2. Above the file's content, click .

  3. On the Edit file tab, type some information about yourself.

    New content in file

  4. 新しい内容の上にある [Preview changes(変更のプレビュー)] をクリックします。

    ファイルプレビュー ボタン

  5. Review the changes you made to the file. You'll see the new content in green.

    File preview view

  6. ページの下部で、ファイルに行った変更について述べた短く意味のあるコミットメッセージを入力してください。コミットメッセージ内でコミットを複数の作者に関連付けることができます。詳細は「複数の共同作者を持つコミットを作成する」を参照してください。

    変更のコミットメッセージ

  7. コミットメッセージフィールドの下で、コミットを現在のブランチに追加するか、新しいブランチを作成するかを判断してください。現在のブランチが master なら、コミットに新しいブランチを作成することにして、プルリクエストを作成してください。

    Commit branch options

  8. [Propose file change] をクリックします。

    ファイルの変更を提案 ボタン

Celebrate

Congratulations! You have now created a repository, including a README file, and created your first commit on GitHub. What do you want to do next?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください