ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

Git automation with OAuth tokens

You can use OAuth tokens to interact with GitHub via automated scripts.

Step 1: Get an OAuth token

Create a personal access token on your application settings page.

Tips:

セキュリティ上の理由から、 GitHub は過去 1 年間使用されていない個人アクセストークンを自動的に削除します。

Step 2: Clone a repository

トークンを入手したなら、HTTPS経由でGitの操作をする際にパスワードの代わりにそのトークンを入力できます。

たとえば、コマンドラインでは以下のように入力できます。

$ git clone https://github.com/username/repo.git
Username: your_usernamePassword: your_token

To avoid these prompts, you can use Git password caching.

Warning: Tokens have read/write access and should be treated like passwords. If you enter your token into the clone URL when cloning or adding a remote, Git writes it to your .git/config file in plain text, which is a security risk.

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください