ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

HTTPS クローニングエラー

Git で HTTPS を使用する際によく生じるエラーがいくつかあります。 これらのエラーは通常、古いバージョンの Git を使用しているか、もしくはリポジトリへのアクセス権を持っていないことが原因です。

ここには以下の内容があります:

HTTPS エラーの例を次に示します:

> error: The requested URL returned error: 401 while accessing
> https://github.com/user/repo.git/info/refs?service=git-receive-pack
> fatal: HTTP request failed
> Error: The requested URL returned error: 403 while accessing
> https://github.com/user/repo.git/info/refs
> fatal: HTTP request failed
> Error: https://github.com/user/repo.git/info/refs not found: did you run git
> update-server-info on the server?

使用している Git のバージョンを確認する

GitHub を使用するために最低限必要な Git のバージョンはありませんが、安定度の高いバージョン 1.7.10 を推奨しています。バージョン 1.7.10 は多くのプラットフォームで利用可能です。 いつでも Git の Web サイトで最新バージョンをダウンロードできます

リモートが正しいことを確かめる

フェッチするリポジトリが GitHub に存在する必要があります。また、URL では大文字と小文字が区別されます。

コマンドラインを開き、git remot -v と入力して、ローカルリポジトリの URL を見つけることができます。

$ git remote -v
# 既存のリモートを表示する
> origin  https://github.com/github/reactivecocoa.git (fetch)
> origin  https://github.com/github/reactivecocoa.git (push)

$ git remote set-url origin https://github.com/github/ReactiveCocoa.git
# 'origin' リモートの URL を変更する

$ git remote -v
# 新規 URL を検証する
> origin  https://github.com/github/ReactiveCocoa.git (fetch)
> origin  https://github.com/github/ReactiveCocoa.git (push)

もしくは、GitHub Desktop アプリケーションから URL を変更できます。

アクセストークンを入力する

2要素認証を有効にしているか、SAMLシングルサインオンを利用しているOrganizationにアクセスしている場合、HTTPS Gitにパスワードを入力するかわりに個人のアクセストークンを提供しなければなりません。

自分の権限を確認する

ユーザ名およびパスワードを求められた場合は、該当のリポジトリにアクセスできるアカウントを使用してください。

参考: リモートリポジトリにアクセスする度にユーザ名およびパスワードを入力したくない場合は、パスワードのキャッシュを有効にするとよいでしょう。

代わりに SSH を使用する

すでに SSH キーをセットアップしている場合は、HTTPS の代わりに SSH クローン URL を使用できます。 詳細は「どのリモート URL を使うべきか?」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください