ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

リポジトリの可視性について

リポジトリの可視性を選択することで、リポジトリにアクセスできるユーザを制限できます: パブリック、内部、プライベートなど。

ここには以下の内容があります:

リポジトリの可視性について

リポジトリを作成するときに、リポジトリをパブリックにするかプライベートにするかを選択できます。 Enterprise アカウントが所有する Organization にリポジトリを作成する場合は、リポジトリを内部にすることもできます。

パブリックリポジトリにはインターネット上のすべての人がアクセスできます。プライベートリポジトリにアクセスできるのは、自分と共有しているユーザだけです。 内部リポジトリは、Enterprise アカウントの メンバー、インスタンスの任意の Organization の。 詳しい情報については、「内部リポジトリについて」を参照してください。

Organization のオーナーは、Organization 内で作成されたすべてのリポジトリにいつでもアクセスできます。 詳細は「Organization のためのリポジトリの権限レベル」を参照してください。

リポジトリの管理者権限を持つユーザは、既存のリポジトリの可視性を変更できます。 詳細は「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。

インターナルリポジトリについて

メモ: Internal repositories are available with GitHub Enterprise Cloud and GitHub Enterprise Server 2.20+. For more information, see GitHub's products."

You can use internal repositories to practice "innersource" within your enterprise account. Members of your enterprise account can collaborate using open source methodologies without sharing proprietary information publicly. インナーソースに関する詳しい情報については、GitHubのホワイトペーパー「インナーソース入門」を参照してください。

All enterprise members have read permissions to the internal repository, but internal repositories are not visible to people outside of the enterprise account, including outside collaborators on organization repositories. 詳しい情報については、「"Enterprise アカウントのロール」および「Organization のリポジトリ権限レベル」を参照してください。

インターナルリポジトリは、Enterpriseアカウントが所有するOrganization内で作成されるすべての新規リポジトリのデフォルト設定です。

ユーザが

Enterprise アカウント、そのユーザの内部リポジトリのフォークは自動的に削除されます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください