ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

複数の作者を持つコミットを作成する

コミットのメッセージに、1 つ以上の "Co-authored-by" トレーラーを追加することで、1 つのコミットに複数の作者を追加できます。 共作されたコミットは GitHub

必要な共作者情報

コミットに共作者を追加する前に、各共作者に使う適切なメールアドレスを知っておく必要があります。 共作者のコミットがコントリビューションとしてカウントされるためには、GitHub アカウントに関連付けられているメールアドレスを使う必要があります。

メールアドレスをプライベートにしておきたい人がいる場合、その人のプライバシーを保護するために、GitHub が提供する no-reply メールを使わなければなりません。 そうしない場合、コミットメッセージで共作者のメールアドレスが公開されます。 自分のメールアドレスをプライベートにしておきたい場合、Git の操作のために GitHub が提供する no-reply メールアドレスを使い、他の共作者に、no-reply メールアドレスをコミットのトレーラーに載せるよう依頼できます。

詳細は「コミットメールアドレスを設定する」を参照してください。

参考: 以下の情報を伝えることで、共作者が好みのメールアドレスを見つける手助けができます:

  • GitHub が提供する no-reply メールアドレスを表示するには、[Keep my email address private] のメールアドレス設定に移動します。

  • Git を設定するためのメールアドレスを手元のコンピュータで表示するには、コマンドラインで git config user.email を実行します。

GitHub Desktop で co-authored コミットを作成する

GitHub Desktop で、共作者を持つコミットを作成できます。 詳細は「コミットメッセージの入力と変更のプッシュ」および GitHub Desktop を参照してください。

コミットメッセージに共作者を追加

コマンドライン上で co-authored コミットを作成する

  1. 各 co-author (共同作者) の名前とメールアドレスを収集してください。メールアドレスをプライベートにしておきたい人がいる場合、そのプライバシーを保護するためにその人には GitHub が提供する no-reply メールを使わなければなりません。

  2. コミットメッセージと、変更についての短く意味のある説明を入力してください。コミットの説明のあとには、閉じる引用符の代わりに、2 つの空の行を追加してください。

    $ git commit -m "Refactor usability tests.
    >
    >

*参考: コミットメッセージの入力にコマンドライン上のテキストエディタを使っているなら、コミットの説明とコミットのトレイラーの Co-authored-by: の間に 2 行が挟まれていることを確認してください。

  1. コミットメッセージの次の行に、各共作者の情報を Co-authored-by: name <name@example.com> という形式で入力します。 共同作者の情報の後に、閉じる引用符を追加します。

    複数の共作者を追加する場合は、共作者それぞれに 1 行をとり、Co-authored-by: コミットトレーラーを付けてください。

    $ git commit -m "Refactor usability tests.
    >
    >
    Co-authored-by: name <name@example.com>
    Co-authored-by: another-name <another-name@example.com>"

次回のプッシュ時に、GitHubに新たなコミットとメッセージが表示されます。 詳細は「リモートリポジトリに変更をプッシュする」を参照してください。

GitHub で co-authored コミットを作成する

GitHub のウェブエディタでファイルを変更してから、コミットのメッセージに Co-authored-by: トレーラーを追加することで、co-authored コミットを作成できます。

  1. 各 co-author (共同作者) の名前とメールアドレスを収集してください。メールアドレスをプライベートにしておきたい人がいる場合、そのプライバシーを保護するためにその人には GitHub が提供する no-reply メールを使わなければなりません。

  2. 共同で変更を行った後は、ページの下部に、変更について説明する、短くて意味のあるコミットメッセージを入力します。

    変更のコミットメッセージ

  3. コミットメッセージの下にあるテキストボックスに、各共同作者の情報を Co-authored-by: name <name@example.com> という形式で入力します。 複数の共作者を追加する場合は、共作者それぞれに 1 行をとり、Co-authored-by: コミットトレーラーを付けてください。

    2 つ目のコミットメッセージテキストボックスにある、コミットメッセージの共同作者トレーラー例

  4. [Commit changes] または [Propose changes] をクリックします。

GitHub に新たなコミットとメッセージが表示されます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください