ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

フォークについて

フォークはユーザが管理するリポジトリのコピーです。 フォークを使えば、オリジナルのリポジトリに影響を与えることなくプロジェクトへの変更を行えます。 オリジナルのリポジトリから更新をフェッチしたり、プルリクエストでオリジナルのリポジトリに変更をサブミットしたりできます。

GitHubのユーザあるいは Organization は誰でもリポジトリをフォークできます。 リポジトリをフォークするのは他のリポジトリをコピーするのに似ていますが、2 つの点で大きく異なります:

  • You can use a pull request to suggest changes from your user-owned fork to the original repository, also known as the upstream repository.
  • 上流のリポジトリと自分のフォークを同期させることで、上流のリポジトリからの変更を自分のローカルフォークへ持ち込めます。

自分のユーザアカウントや自分がリポジトリの作成権限を持つOrganizationに、任意のパブリックリポジトリをフォークできます。 詳細は「Organization の権限レベル」を参照してください。

自分のユーザアカウントや自分がリポジトリの作成権限を持つGitHub TeamあるいはGitHub Enterprise上のOrganizationに、あなたがアクセスできる任意のプライベートリポジトリをフォークできます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

You can use GitHub Desktop to fork a repository. For more information, see “Cloning and forking repositories from GitHub Desktop."

Deleting a fork will not delete the original upstream repository. You can make any changes you want to your fork—add collaborators, rename files, generate GitHub Pages—with no effect on the original. You cannot restore a deleted forked repository. 詳しい情報については、「削除されたリポジトリを復元する」を参照してください。

In open source projects, forks are often used to iterate on ideas or changes before they are offered back to the upstream repository. When you make changes in your user-owned fork and open a pull request that compares your work to the upstream repository, you can give anyone with push access to the upstream repository permission to push changes to your pull request branch. This speeds up collaboration by allowing repository maintainers the ability to make commits or run tests locally to your pull request branch from a user-owned fork before merging. You cannot give push permissions to a fork owned by an organization.

プライベートフォークは、上流もしくは親リポジトリの権限構造を継承します。 たとえば、上流リポジトリがプライベートで読み取り/書き込みアクセスをあるTeamに与えているなら、そのチームはプライベートの上流リポジトリのすべてのフォークに読み取り/書き込みアクセスを持つことになります。 これは、プライベートリポジトリのオーナーがコードに対するコントロールを管理するための役に立ちます。

既存のリポジトリのコンテンツから新しいリポジトリを作成したいけれども、将来にわたって変更を上流にマージしたくない場合、リポジトリを複製するか、リポジトリがテンプレートである場合は、リポジトリをテンプレートとして使うことができます。 詳細は「リポジトリを複製する」および「テンプレートからリポジトリを作成する」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください