ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHubでのディスカッションについて

GitHub 上で様々な種類のディスカッションを用い、特定のプロジェクトや変更について、そしてもっと幅広くプロジェクトや Team のゴールについて議論できます。

ここには以下の内容があります:

GitHub上でのディスカッション

持ちたい会話の種類に応じて、Issue、プルリクエスト、Team ディスカッションを作成して参加できます。

Issueは、バグレポートや計画された改善など、プロジェクトの特定の詳細についての議論に役立ちます。 詳しい情報についてはIssueについてを参照してください。プルリクエストでは、提案された変更に直接コメントできます。 詳しい情報についてはプルリクエストについて及びプルリクエストへのコメントを参照してください。

On your team's page, you can use team discussions for conversations that span across projects or repositories and don't belong in a specific issue or pull request. Instead of opening an issue in a repository to discuss an idea, you can include the entire team by having a conversation in a team discussion. 詳しい情報については「Team ディスカッションについて」を参照してください。

コメント中のアイデアへの反応

議論の中のアイデアに対する賛意や異議を示すことができます。 Team ディスカッション、Issue、プルリクエストのコメントや本体に反応を加えても、その会話をサブスクライブしている人々には通知が行きません。

反応を含むIssueの例

Tip:反応の追加はモバイルデバイスを使っても行えます。

コントリビューションガイドラインへの追従

Issueあるいはプルリクエストをオープンする前に、そのリポジトリにコントリビューションガイドラインがあるかを確認してください。 CONTRIBUTING.mdファイルには、リポジトリメンテナが期待するプロジェクトへのアイデアのコントリビュートの方法に関する情報が含まれています。

コントリビューションガイドラインに似たものとして、リポジトリメンテナがIssueあるいはプルリクエスト中に含める情報のテンプレートを含めていることがあります。 テンプレートで求められている内容を記載すれば、メンテナーからよりよい反応を得るための役に立つかもしれません。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください