ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

コントリビューターが Organization のリポジトリで不正利用を報告する方法を管理する

コントリビューターが混乱をもたらす振る舞いをリポジトリメンテナに直接報告できるようにすることができます。

リポジトリに対する管理者権限を持つユーザは、コントリビューターがリポジトリ内の不正利用をレポートする方法を管理できます。

Organization が所有する公開リポジトリのレポートコンテンツを有効または無効にすることができます。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。

    リポジトリの設定ボタン

  3. 左のサイドバーでReported content(レポートされた内容)をクリックしてください。

    リポジトリ設定サイドバーの"レポートされた内容"

  4. [Reported content] で、[Accept content reports from collaborators and prior contributors] を選択または選択解除します。

    報告されたリポジトリのコンテンツにオプトインまたはオプトアウトするためのチェックボックス

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください