ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Managing how contributors report abuse in your organization's repository

You can allow contributors to report disruptive behavior directly to repository maintainers.

Anyone with admin permissions to a repository can manage how contributors report abuse in the repository.

You can enable or disable reported content for public repositories owned by an organization.

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。

    リポジトリの設定ボタン

  3. 左のサイドバーでReported content(レポートされた内容)をクリックしてください。

    リポジトリ設定サイドバーの"レポートされた内容"

  4. Under "Reported content", select or unselect Accept content reports from collaborators and prior contributors.

    Checkbox for opting into or out of reported content for a repository

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください