ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリでの操作を制限する

オーナーまたは管理者のアクセス権を持つユーザは、あなたのパブリックリポジトリで特定のユーザがコメントする、Issue をオープンする、あるいはプルリクエストを作成するのを一時的に制限し、一定の期間、アクティビティ制限を適用することができます。

24 時間経過すると、ユーザはあなたのリポジトリで通常のアクティビティを再開できます。

参考: Organization のオーナーは Organization 全体のアクティビティ制限を有効化できます。 Organization 全体のアクティビティ制限が有効な場合、個々のリポジトリについてアクティビティを制限することはできません。 詳細は「Organization での操作を制限する」を参照してください。

  1. On GitHub, navigate to the main page of the repository.

  2. Under your repository name, click Settings.

    Repository settings button

  3. リポジトリの [Settings] サイドバーで、[Interaction limits] をクリックします。

    リポジトリの設定での [Interaction limits]

  4. Under "Temporary interaction limits", click one or more options:

    [Temporary interaction limits] のオプション

    • [Limit to existing users]: 作成してから 24 時間経過していないアカウントで、以前のコントリビューションがなく、コラボレーターではないユーザのアクティビティを制限します。
    • [Limit to prior contributors]: これまでにコントリビューションがなく、コラボレーターではないユーザのアクティビティを制限します。
    • [Limit to repository collaborators]: コラボレーターではないユーザのアクティビティを制限します。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください