ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

SSH キーをレビューする

認証情報を安全に保つには、SSH キーを定期的に監査し、キーをデプロイし、自分の GitHub アカウントにアクセスする許可されたアプリケーションをレビューしてください。

許可されていない (あるいは侵害された可能性のある) SSH キーを削除することで、攻撃者が以後自分のリポジトリにアクセスすることを防止できます。 有効な既存の SSH キーを承認することもできます。

  1. In the upper-right corner of any page, click your profile photo, then click Settings.

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the user settings sidebar, click SSH and GPG keys.

    Authentication keys

  3. [SSH Settings] ページで、自分のアカウントに関連付けられている SSH キーを書き留めます。 覚えていないか古くなっている場合は、[Delete] をクリックします。 残しておきたい有効な SSH キーがある場合は、[Approve] をクリックします。

    SSH キーのリスト

    メモ: Git 操作が失敗したために SSH キーを監査している場合は、 SSH キー監査エラーの原因となった未検証のキーが SSH キーのリストで強調表示されます。

    未検証の SSH キー

  4. ターミナルを開きます。

  5. バックグラウンドでssh-agentを開始します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"
    > Agent pid 59566
  6. 自分の公開鍵のフィンガープリントを見つけてメモします。 OpenSSH 6.7 より前のバージョンを使用している場合:

    $ ssh-add -l
    > 2048 a0:dd:42:3c:5a:9d:e4:2a:21:52:4e:78:07:6e:c8:4d /Users/USERNAME/.ssh/id_rsa (RSA)

    OpenSSH 6.8 以降を使用している場合:

    $ ssh-add -l -E md5
    > 2048 MD5:a0:dd:42:3c:5a:9d:e4:2a:21:52:4e:78:07:6e:c8:4d /Users/USERNAME/.ssh/id_rsa (RSA)
  7. GitHub での SSH キーは、お使いのコンピュータでの同じキーと一致していなければなりません

  1. In the upper-right corner of any page, click your profile photo, then click Settings.

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the user settings sidebar, click SSH and GPG keys.

    Authentication keys

  3. [SSH Settings] ページで、自分のアカウントに関連付けられている SSH キーを書き留めます。 覚えていないか古くなっている場合は、[Delete] をクリックします。 残しておきたい有効な SSH キーがある場合は、[Approve] をクリックします。

    SSH キーのリスト

    メモ: Git 操作が失敗したために SSH キーを監査している場合は、 SSH キー監査エラーの原因となった未検証のキーが SSH キーのリストで強調表示されます。

    未検証の SSH キー

  4. Git Bash を開きます。 GitHub Desktop に収納されている Git Shell を使用している場合は、Git Shell を開き、ステップ 6 に進みます。

  5. Git Bashを使ってるなら、ssh-agentを有効にしてください。

    # ssh-agentをバックグラウンドで起動
    $ eval "$(ssh-agent -s)"
    > Agent pid 59566

    Git for Windowsなどの他のターミナルプロンプトを使っているなら、ssh-agentを有効にしてください。

    # ssh-agent をバックグラウンドで起動
    $ eval $(ssh-agent -s)
    > Agent pid 59566
  6. 自分の公開鍵のフィンガープリントを見つけてメモします。 OpenSSH 6.7 より前のバージョンを使用している場合:

    $ ssh-add -l
    > 2048 a0:dd:42:3c:5a:9d:e4:2a:21:52:4e:78:07:6e:c8:4d /Users/USERNAME/.ssh/id_rsa (RSA)

    OpenSSH 6.8 以降を使用している場合:

    $ ssh-add -l -E md5
    > 2048 MD5:a0:dd:42:3c:5a:9d:e4:2a:21:52:4e:78:07:6e:c8:4d /Users/USERNAME/.ssh/id_rsa (RSA)
  7. GitHub での SSH キーは、お使いのコンピュータでの同じキーと一致していなければなりません

  1. In the upper-right corner of any page, click your profile photo, then click Settings.

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the user settings sidebar, click SSH and GPG keys.

    Authentication keys

  3. [SSH Settings] ページで、自分のアカウントに関連付けられている SSH キーを書き留めます。 覚えていないか古くなっている場合は、[Delete] をクリックします。 残しておきたい有効な SSH キーがある場合は、[Approve] をクリックします。

    SSH キーのリスト

    メモ: Git 操作が失敗したために SSH キーを監査している場合は、 SSH キー監査エラーの原因となった未検証のキーが SSH キーのリストで強調表示されます。

    未検証の SSH キー

  4. ターミナルを開きます。

  5. バックグラウンドでssh-agentを開始します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"
    > Agent pid 59566
  6. 自分の公開鍵のフィンガープリントを見つけてメモします。 OpenSSH 6.7 より前のバージョンを使用している場合:

    $ ssh-add -l
    > 2048 a0:dd:42:3c:5a:9d:e4:2a:21:52:4e:78:07:6e:c8:4d /Users/USERNAME/.ssh/id_rsa (RSA)

    OpenSSH 6.8 以降を使用している場合:

    $ ssh-add -l -E md5
    > 2048 MD5:a0:dd:42:3c:5a:9d:e4:2a:21:52:4e:78:07:6e:c8:4d /Users/USERNAME/.ssh/id_rsa (RSA)
  7. GitHub での SSH キーは、お使いのコンピュータでの同じキーと一致していなければなりません

警告: 見慣れない SSH キーが GitHub で見つかった場合は、すぐにそれを削除し、さらに支援が必要な場合は GitHub Supportまたは GitHub Premium Support に問い合わせてください。 確認できない公開鍵は、潜在的なセキュリティ上の問題を示している可能性があります。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください