ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

既存の GPG キーの確認

GPG キーを生成する前に、GPG キーがすでに存在するかどうかを確認できます。

ここには以下の内容があります:

Supported GPG key algorithms

GitHub supports several GPG key algorithms. If you try to add a key generated with an unsupported algorithm, you may encounter an error.

  • RSA
  • ElGamal
  • DSA
  • ECDH
  • ECDSA
  • EdDSA

メモ: OS X や Windows では、GPG はデフォルトではインストールされていません。 GPG コマンドラインツールをインストールするには、GnuPG のダウンロードページを参照してください。

  1. ターミナルターミナルGit Bashターミナル を開いてください。

  2. 公開鍵と秘密鍵をどちらも持っているGPGキーのリストを表示するには、 gpg --list-secret-keys --keyid-format LONGコマンドを使ってください。 コミットやタグに署名するには秘密鍵が必要です。

    $ gpg --list-secret-keys --keyid-format LONG

    ノート:LinuxのGPG環境の中には、既存のキーのリストを表示させるためにgpg2 --list-keys --keyid-format LONGとしなければならないものもあります。 この場合、git config --global gpg.program gpg2と実行してGitがgpg2を使うように設定する必要もあります。

  3. コマンドの出力結果を見て、GPG キーペアがあるか確認します。

    • GPG キーのペアが存在しないか、既存の GPG キーをコミットやタグへの署名に利用したくない場合、新しい GPG キーを作成します。
    • GPG キーのペアが存在し、そのキーをコミットやタグへの署名に利用したい場合、GPG キーを GitHub アカウントに追加します。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください