ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

SSH について

SSH プロトコルを利用すれば、リモートのサーバーやサービスに接続し、認証を受けられます。 SSH キーがあれば、ユーザ名やパスワードをアクセスのたびに入力することなく GitHubに接続できます。

SSH をセットアップする際には、SSH キーを生成し、ssh-agent に追加し、それから キーを自分の GitHubアカウントに追加します。 SSH キーを ssh-agent に追加することで、パスフレーズの利用を通じて SSH キーに追加のセキュリティのレイヤーを持たせることができます。 詳しい情報についてはSSH キーのパスフレーズの利用を参照してください。

SSH キーを SAML シングルサインオンを使う Organization が所有するリポジトリで使うには、まずそのキーを認可しなければなりません。 詳しい情報については、「SAML シングルサインオンで使うために SSH キーを認可する」を参照してください。

定期的に SSH キーのリストをレビューし、不正になったものや悪用されたものを取り除くことをおすすめします。

SSH キーを 1 年間使っていない場合、セキュリティ上の理由により GitHub は使われていない SSH キーを自動的に削除します。 詳細は「削除されたか存在しない SSH キー」を参照してください。

SSH 証明書を提供する Organization のメンバーである場合、GitHub アカウントにあなたの証明書を追加することなく、その証明書で Organization のリポジトリにアクセスできます。 詳しい情報については、「SSH 認証局について」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください