ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリを移譲する

他のユーザや Organization アカウントにリポジトリを移譲できます。

このガイドの内容

リポジトリの移譲について

リポジトリを新たなオーナーに移譲すると、そのオーナーはすぐにリポジトリの内容、Issue、プルリクエスト、リリース、プロジェクトボード、そして設定を管理できるようになります。

リポジトリ移譲の前提条件

  • 自分が所有しているリポジトリを他のユーザアカウントに譲渡すると、新しい所有者に確認メールが届きます。 確認メールには、譲渡を受け入れるための指示が書かれています。 新しいオーナーが移譲を 1 日以内に受け入れなければ、招待は期限切れになります。

  • 自分が所有しているリポジトリを Organization に譲渡するには、対象 Organization のリポジトリを作成する権限が必要です。

  • ターゲットのアカウントは、同じ名前のリポジトリを持っていたり、同じネットワーク内にフォークを持っていたりしてはなりません。

  • リポジトリのオリジナルのオーナーは、移譲されたリポジトリにコラボレーターとして追加されます。 他のコラボレーターは、移譲されたリポジトリにそのまま残されます。

  • プライベートフォークは移譲できません。

    GitHub Free を使ってプライベートリポジトリをユーザアカウントに移譲する場合、そのアカウントは保護されたブランチのような機能や GitHub Pages へのアクセスを失います。 詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

リポジトリと共に移譲されるものは?

リポジトリを移譲すると、その Issue、プルリクエスト、ウィキ、Star、そして Watch しているユーザも移譲されます。 移譲されたリポジトリに webhook、サービス、あるいはデプロイキーが含まれている場合、移譲が完了した後もそれらは関連付けられたままになります。 コミットに関する Git の情報は、コントリビューションを含めて保持されます。 加えて、

  • 移譲されたリポジトリがフォークである場合、それは上流のリポジトリに関連付けられたままになります。

  • 移譲されたリポジトリにフォークがある場合、それらのフォークは移譲が完了した後リポジトリに関連付けられたままになります。

  • 移譲されたリポジトリが Git Large File Storage を使う場合、すべての Git LFS オブジェクトは自動的に移動します。 この移譲はバックグラウンドで行われます。このため、多数の Git LFS オブジェクトがあるか、Git LFS オブジェクト自体が大容量である場合、移譲には時間がかかることがあります。 Git LFS を利用するリポジトリを移譲する前に、受信側のアカウントが、移動する Git LFS オブジェクトを保存するために十分なデータパックを所有していることを確認してください。 ユーザアカウントにストレージを追加する方法の詳細については、「Git Large File Storage をアップグレードする」を参照してください。

  • リポジトリを 2 つのユーザアカウント間で移譲する場合、Issue の割り当てはそのまま残ります。 ユーザアカウントから Organization にリポジトリを移譲する場合、Organization のメンバーにアサインされた Issue はそのまま残ります。そして、すべての他の Issue のアサイニーは消えます。 Organization の中のオーナーだけが、新しい Issue のアサインを作成できます。 Organization からユーザアカウントにリポジトリを移譲する場合、リポジトリのオーナーにアサインされた Issue だけが保管され、すべての他のアサイニーは削除されます。

  • 移譲されたリポジトリが GitHub Pages サイトを含む場合、Web 上の Git リポジトリへのリンクや Git のアクティビティを通じたリンクはリダイレクトされます。 しかし、リポジトリに関連付けられている GitHub Pages はリダイレクトされません。

  • 以前のリポジトリの場所へのすべてのリンクは、新しい場所へ自動的にリダイレクトされます。 移譲されたリポジトリ上で git clonegit fetch、または git push を使う場合には、これらのコマンドは新しいリポジトリの場所あるいは URL にリダイレクトされます。 しかし、混乱を避けるため、既存のローカルクローンは新しいリポジトリの URL を指すよう更新することを強くおすすめします。 それは git remote をコマンドライン上で使って行えます。

    $ git remote set-url origin 新しい URL

詳細は「リモートの URL を変更する」を参照してください。

リポジトリの移譲および Organization

Organization にリポジトリを移譲するには、受け取る Organization でのリポジトリ作成許可を持っている必要があります。 Organization のオーナーが Organization のメンバーによるリポジトリ作成を無効化している場合、Organization のオーナーだけが、その Organization に対して、または、Organization からリポジトリを移譲できます。

Organization にリポジトリが移譲されたら、Organization のデフォルトのリポジトリ許可設定およびデフォルトのメンバーシップの権利が、移譲されたリポジトリに適用されます。

ユーザアカウントが所有しているリポジトリを移譲する

リポジトリの移譲を受け入れるどのユーザアカウントにも、リポジトリを移譲できます。 2つのユーザアカウントの間でリポジトリを移譲した場合、当初のリポジトリコードオーナーとコラボレーターは、新しいリポジトリにコラボレーターとして自動的に追加されます。

プライベートリポジトリに GitHub Pages サイトを公開し、カスタムドメインを追加した場合、ドメイン乗っ取りのリスクを回避するため、DNS レコードを削除するか更新することをおすすめします。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

  1. GitHub で、リポジトリのメインページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下で [Settings] をクリックします。

    リポジトリの設定ボタン

  1. Danger Zone(危険地域) で、Transfer(移譲) をクリックしてください。
    移譲ボタン
  2. リポジトリの移譲に関する情報を読み、リポジトリの所有権を移譲したいユーザもしくはOrganizationの名前を入力してください。
    リポジトリの移譲に関する情報と、新しいオーナーのユーザ名を入力するフィールド
  3. 新しいオーナーのプランによって生じうる機能の損失についての警告を読んでください。
    無料製品を使っている人物へのリポジトリの移譲に関する警告
  4. 移譲したいリポジトリの名前を入力し、I understand, transfer this repository(理解しました。このリポジトリを移譲してください)をクリックしてください。
    Transfer button

Organization が所有しているリポジトリを移譲する

Organization のコードオーナー権限、または、そのリポジトリの 1 つの管理者権限を有している場合、Organization が所有しているリポジトリをユーザアカウントや他の Organization に移譲できます。

  1. リポジトリのある Organization で管理者またはオーナー権限を有しているユーザアカウントにサインインします。

  2. GitHub で、リポジトリのメインページへ移動します。

  3. リポジトリ名の下で [Settings] をクリックします。

    リポジトリの設定ボタン

  1. Danger Zone(危険地域) で、Transfer(移譲) をクリックしてください。
    移譲ボタン
  2. リポジトリの移譲に関する情報を読み、リポジトリの所有権を移譲したいユーザもしくはOrganizationの名前を入力してください。
    リポジトリの移譲に関する情報と、新しいオーナーのユーザ名を入力するフィールド
  3. 新しいオーナーのプランによって生じうる機能の損失についての警告を読んでください。
    無料製品を使っている人物へのリポジトリの移譲に関する警告
  4. 移譲したいリポジトリの名前を入力し、I understand, transfer this repository(理解しました。このリポジトリを移譲してください)をクリックしてください。
    Transfer button

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください