ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

ファイルをリポジトリの履歴から削除する

サイズの大きいファイルをリポジトリから削除するには、ローカルリポジトリと 使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス から完全に削除する必要があります。

ここには以下の内容があります:

警告: この手順では、ファイルをコンピュータのリポジトリと 使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス から恒久的に削除します。 ファイルが重要なものである場合は、ローカルバックアップコピーをリポジトリ外にあるディレクトリに作成してください。

以前のコミットで追加されたファイルを削除する

以前のコミットでファイルを追加した場合は、リポジトリの履歴から削除する必要があります。 リポジトリの履歴からファイルを削除するには、BFG Repo-Cleaner または git filter-branch コマンドを使用できます。 詳細は「機密データをリポジトリから削除する」を参照してください。

プッシュされていない直近のコミットで追加されたファイルを削除する

ファイルが直近のコミットで追加され、使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス にプッシュしていない場合は、ファイルを削除してコミットを修正することができます。

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。
  2. ワーキングディレクトリをローカルのリポジトリに変更します。
  3. ファイルを削除するため、git rm --cached を入力します。
    $ git rm --cached giant_file
    # Stage our giant file for removal, but leave it on disk
  4. --amend -CHEAD を使用して、この変更をコミットします。
    $ git commit --amend -CHEAD
    # Amend the previous commit with your change
    # Simply making a new commit won't work, as you need
    # to remove the file from the unpushed history as well
  5. コミットを 使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス にプッシュします。
    $ git push
    # Push our rewritten, smaller commit

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください