ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

Managing the forking policy for your organization

You can can allow or prevent the forking of any private repositories owned by your organization.

Organization owners can manage the forking policy for an organization.

By default, new organizations are configured to disallow the forking of private repositories.

If you allow forking of private repositories at the organization level, you can also configure the ability to fork a specific private repository. For more information, see "Managing the forking policy for your repository."

  1. GitHub Enterpriseの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。

    Profile photo

  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。

    organizationのアイコン

  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。

    Organizationの設定ボタン

  4. 左のサイドバーで、Member privileges(メンバーの権限)をクリックしてください。

    Org設定のメンバーの権限オプション

  5. Under "Repository forking", select Allow forking of private repositories or Allow forking of private and internal repositories.

    Organization でフォークを許可または禁止するチェックボックス

  6. Saveをクリックします。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください