ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

必須ステータスチェックのタイプ

必須ステータスチェックのタイプは、loosestrict のいずれかに設定できます。選択した必須ステータスチェックのタイプにより、マージする前にブランチをベースブランチとともに最新にする必要があるかどうかが決まります。

保護されたブランチは、GitHub Free ではパブリックリポジトリでのみ使用でき、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server ではパブリックおよびプライベートリポジトリで使用できます。

必須ステータスチェックのタイプ設定マージの要件留意点
Strict[Require branches to be up-to-date before merging] チェックボックスにチェックするマージ前、ブランチは、base ブランチとの関係で最新でなければならないこれは、必須ステータスチェックのデフォルト動作です。 他のコラボレーターが、保護された base ブランチにプルリクエストをマージした後に、あなたは head ブランチをアップデートする必要が出てくる可能性があるため、追加のビルドが必要になるかもしれません。
Loose[Require branches to be up-to-date before merging] チェックボックスにチェックしないマージ前、ブランチは base ブランチとの関係で最新でなくてもよい他のコラボレーターがプルリクエストをマージした後に head ブランチをアップデートする必要はないことから、必要となるビルドは少なくなります。 base ブランチと競合する変更がある場合、ブランチをマージした後のステータスチェックは失敗する可能性があります。
無効[Require status checks to pass before merging] チェックボックスにチェックしないブランチのマージについての制限はない必須ステータスチェックが有効化されていない場合、base ブランチにあわせてアップデートされているかどうかに関わらず、コラボレーターはいつでもブランチをマージできます。 このことで、変更の競合が発生する可能性が高まります。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください