ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

リポジトリの可視性を設定する

あなたのリポジトリを誰が表示できるか選択できます。

ここには以下の内容があります:

リポジトリの可視性の変更について

Organization のオーナーは、リポジトリの可視性を変更する機能を Organization のオーナーのみに制限できます。 詳しい情報については「Organization でのリポジトリの可視性の変更の制限」を参照してください。

リポジトリをプライベートにする

匿名の Git 読み取りアクセスのあるパブリックリポジトリがプライベートになった場合、匿名の Git 読み取りアクセスは取り消しとなります。 詳細は「リポジトリに対する匿名 Git 読み取りアクセスを有効化する」を参照してください。

警告: パブリックリポジトリをプライベートにすると、そのパブリックリポジトリのパブリックフォークは分割され、新しいネットワークに置かれます。 パブリックフォークはプライベートにはなりません。 詳細は「リポジトリが削除されたり可視性が変更されたりするとフォークはどうなりますか?」を参照してください。

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. [Danger Zone] の下、[Make this repository private] の隣で、[Make private] をクリックします。
    プライベートにするボタン
  4. リポジトリをプライベートにすることに関する警告を読みます。
    警告ポップアップ
  5. プライベートにしたいリポジトリの名前を入力します。たとえば、accountname/reponame と入力します。
  6. [I understand, make this repository private] をクリックします。

リポジトリをパブリックにする

警告: プライベートリポジトリをパブリックにすると、そのリポジトリのプライベートフォークは切り離されます。 詳細は「リポジトリが削除されたり可視性が変更されたりするとフォークはどうなりますか?」を参照してください。

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. [Danger Zone] の下、[Make this repository public] の隣で、[Make public] をクリックします。
    パブリックにするボタン
  4. リポジトリをパブリックにすることに関する警告を読みます。
    プライベートリポジトリをパブリックにすることに関する情報のポップアップ
  5. パブリックにしたいリポジトリの名前を入力します。たとえば、accountname/reponame と入力します。
  6. [I understand, make this repository public] をクリックします。

オープンソースプロジェクトの作成に役立つリソース

オープンソースプロジェクトの作成の一環として、プライベートリポジトリをパブリックリポジトリに変換する場合は、オープンソースガイドを参照して役立つヒントやガイドラインを確認してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください