ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリの削除

Organization のオーナーである場合、あるいはリポジトリまたはフォークに対する管理者権限がある場合、任意のリポジトリまたはフォークを削除できます。 フォークしたリポジトリを削除しても、上流のリポジトリは削除されません。

Organization のオーナー権限もしくはリポジトリの管理者権限を持つメンバーだけが、 Organization のリポジトリを削除できます。 [Allow members to delete or transfer repositories for this organization] が無効化されていると、Organization のオーナーだけが Organization のリポジトリを削除できます。 詳細は「Organization のためのリポジトリの権限レベル」を参照してください。

次の点もご注意ください:

  • プライベートリポジトリを削除すると、そのフォークもすべて削除されます。
  • パブリックリポジトリを削除しても、そのフォークは削除されません。
  1. On GitHub Enterprise, navigate to the main page of the repository.

  2. Under your repository name, click Settings.

    Repository settings button

  3. [Danger Zone] の [Delete this repository] をクリックします。

    リポジトリの削除ボタン

  4. 警告を読みます

  5. 削除しようとしているリポジトリに間違いがないことを確認するために、削除対象のリポジトリ名を入力します。

    削除ラベル

  6. [I understand the consequences, delete this repository] をクリックします。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください