ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

保護されたブランチと必須のステータスチェックについて

保護されたブランチは、リポジトリのコラボレータが回復不能な変更をブランチに行えないことを確実にします。 必須ステータスチェックにより、コラボレータが保護されたブランチに変更を加える前に、すべての必須 CI テストにパスしていることが保証されます。 Organization に属するリポジトリ内のブランチは、特定のユーザ、チーム、またはアプリのみがブランチにプッシュできるように設定できます。

保護されたブランチは、リポジトリの管理者が保護することにしたブランチに対する Git のいくつかの機能をブロックします。 保護されたブランチは、

リポジトリに対する管理者権限を持つユーザなら誰でも、保護されたブランチに常にプッシュできます。 ブランチ制限を有効化している場合、権限を与えられたユーザ、チーム、またはアプリのみが、保護されたブランチにプッシュできます。 詳しい情報については保護されたブランチと必須のステータスチェックの設定を参照してください。

制限されたブランチの権限.

注釈: [Include administrators] が選択されていて、ブランチでステータスチェック必須にしており、かつステータスチェックが失敗した場合は、管理者権限を持つ人やアプリであっても、保護されたブランチに変更をプッシュしようとすれば失敗することになります。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください