ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

外部のコラボレータを Organization のリポジトリに追加する

外部のコラボレータは、Organization の明示的なメンバーではありませんが、Organization の 1 つ以上のリポジトリに読み取り、書き込み、あるいは管理権限を持っている人です。

Organization のオーナー権限もしくはリポジトリの管理者権限を持つメンバーだけが、 add outside collaborators to a repository, unless an organization owner has restricted the ability to invite collaborators. For more information, see "Setting permissions for adding outside collaborators."

Organization がメンバーおよび外部コラボレーターに 2 要素認証を使うことを求めるなら、メンバーおよび外部コラボレーターはあなたからの Organization のリポジトリでのコラボレーションの招待を受諾する前に、2 要素認証を有効化しなければなりません。

リポジトリに外部コラボレータを追加する際には、アクセスしてもらうリポジトリ内のフォークにもそのコラボレータを追加しなければなりません。

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。

    リポジトリの設定ボタン

  3. 左のサイドバーで、[Collaborators & teams] をクリックします。

    コラボレーターと Team がハイライトされたリポジトリ設定サイドバー

  4. "Collaborators" の下で、リポジトリへのアクセスを許可したい人の名前を入力し、[Add collaborator] をクリックします。

    Octocat のユーザ名が検索フィールドに入力されているコラボレーターセクション

  5. Next to the new collaborator's name, choose the appropriate permission level: Write, Read, or Admin.

    リポジトリの権限の選択

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください