ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

リポジトリのファイルを Git Large File Storage に移動する

Git LFS をセットアップしてあり、Git LFS で追跡する必要があるファイルがすでにリポジトリにある場合は、まずそれをリポジトリから削除する必要があります。

After installing Git LFS and configuring Git LFS tracking, you can move files from Git's regular tracking to Git LFS. For more information, see "Installing Git Large File Storage" and "Configuring Git Large File Storage."

アップロードが成功しなかった参照されているGit LFSファイルがある場合、エラーメッセージを受信することになります。 詳しい情報については「Git Large File Storageのアップロードの失敗の解決」を参照してください。

参考: ファイルを Git にプッシュしようとしたとき、「これは Git LFS のファイル サイズ制限である 100 MB を超えています」という趣旨のエラーが表示された場合は、filter branch または BFG Repo Cleaner ではなく git lfs migrate を使用して大きいファイルを Git Large File Storage に移動してください。 git lfs migrate コマンドの情報については、Git LFS 2.2.0 のリリース記事を参照してください。

  1. filter-branch コマンドか BFG Repo-Cleaner を使用して、リポジトリの Git 履歴からファイルを削除します。 これらを使用する詳しい情報については、「機密データをリポジトリから削除する」を参照してください。
  2. ファイルの追跡を設定し、Git LFS にプッシュします。 この手順の詳しい情報については、「Git Large File Storage の設定」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください