ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

プルリクエストのステージの変更

プルリクエストのドラフトに、レビューの準備ができたことを示すマークを付けることができます。

Draft pull requests are available in public repositories with GitHub Free, GitHub Pro, and legacy per-repository billing plans, and in public and private repositories with GitHub Team, GitHub Enterprise Server 2.17+, and GitHub Enterprise Cloud.

プルリクエストの作者およびリポジトリへの書き込み権限を持つ人は、プルリクエストのドラフトに、レビューの準備ができたことを示すマークを付けることができます。

ドラフトプルリクエストに対するフィードバックをもらう準備ができているなら、プルリクエストにレビューの準備ができているとマークできます。 何らかの理由で作者が不在なら、リポジトリに書き込みアクセスを持っている人がプルリクエストにレビューの準備ができているとマークできます。 そして、プルリクエストはマージでき、コードオーナーにはプルリクエストのレビューがリクエストされます。 プルリクエストのドラフトに関する詳しい情報については「プルリクエストについて」を参照してください。

  1. リポジトリ名の下にある Pull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。

    Issue とプルリクエストのタブの選択

  2. プルリクエストのリストで、レビューの準備ができたことを示すマークを付けたいプルリクエストクリックします。

  3. [Conversation] タブで、マージボックスまでスクロールし、[Ready for review] をクリックします。 作者が作業できない場合でも、リポジトリに書き込みアクセス権限がある人なら [Ready for review] をクリックできます。

    [Ready for review] ボタン

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください