ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

ブランチ制限について

Organization に属するリポジトリ内のブランチは、特定のユーザ またはチームのみがブランチにプッシュできるように設定できます。

保護されたブランチは、GitHub Free ではパブリックリポジトリでのみ使用でき、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server ではパブリックおよびプライベートリポジトリで使用できます。 ブランチの制限は、パブリック及びGitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise ServerのOrganizationが所有するプライベートリポジトリで利用できる種類のブランチ保護です。

When you enable branch restrictions, only users or teams that have been given permission can push to the protected branch. For more information, see "Enabling branch restrictions" and "About protected branches." You can view and edit the users or teams with push access to a protected branch in the protected branch's settings.

保護されたブランチをへのプッシュアクセスを与えられる対象は、リポジトリへの書き込みアクセスを持つユーザまたはチームのみです。

リポジトリに対する管理者権限を持つ人は、保護されたブランチに常にプッシュできます。

Note: If "Include administrators" is selected, you've enabled required status checks on the branch, and if any status checks fail, any attempt to push changes to the protected branch will also fail, even for people with admin permissions. For more information, see "Enabling required status checks."

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください