ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Git のセットアップ

At the heart of GitHub Enterprise is an open source version control system (VCS) called Git. Git は、GitHub Enterprise に関連してローカルコンピュータで発生するすべての動作の根本を担っています。

コマンドラインで Git を使うには、あなたのコンピュータに Git をダウンロードし、インストールし、設定する必要があります。

ローカルで Git を動かしたいけれどもコマンドラインを使いたくない場合、代わりに GitHub Desktop クライアントをダウンロードしインストールしてください。 For more information, see "Getting started with GitHub Desktop."

ローカルでファイルを扱う作業をする必要がない場合、GitHub Enterprise により、以下を含む、多くの Git 関連のアクションをブラウザで直接実行できます:

Git をセットアップする

  1. Git の最新バージョンをダウンロードしてインストールする
  2. Git でユーザ名を設定する
  3. Git のコミットメールアドレスを設定する

次のステップ: Git から GitHub で認証する

Git から GitHub Enterprise リポジトリに接続した場合、HTTPS または SSH を使って、GitHub Enterprise で認証する必要があります。

HTTPS でクローンする場合、認証情報ヘルパーを使って、Git に GitHub パスワードをキャッシュできます。

SSH で接続

SSH でクローンする場合、GitHub Enterprise からプッシュまたはプルするには、使っているそれぞれのコンピュータに SSH キーを生成する必要があります。

おめでとうございます

おめでとうございます。これで、Git と GitHub Enterprise はすべてセットアップされました。 次に何をしたいですか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください