ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

必須ステータスチェックを有効にする

リポジトリ管理者は、ブランチがプルリクエストでマージされる前、あるいはローカルブランチへのコミットが保護されたリモートブランチへプッシュされる前に、必須ステータスチェックを強制することができます。

保護されたブランチは、GitHub Free ではパブリックリポジトリでのみ使用でき、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server ではパブリックおよびプライベートリポジトリで使用できます。

You can automatically enforce protected branch settings for some or all branches in your repository. 詳しい情報については保護されたブランチの設定を参照してください。

Before you can enable required status checks, you must configure the repository to use the status API. For more information, see "Building a CI Server" in GitHub 開発者ドキュメンテーション.

  1. On GitHub Enterprise, navigate to the main page of the repository.

  2. Under your repository name, click Settings.

    Repository settings button

  3. In the left menu, click Branches.

    Repository options sub-menu

  4. Next to "Branch protection rules", click Add rule.

    Add branch protection rule button

  5. Under "Branch name pattern", type the branch name or pattern you want to protect.

    Branch rule field

  6. Under "Protect matching branches", select Require status checks to pass before merging.

    必須ステータスチェックのオプション

  7. Optionally, select Require branches to be up to date before merging. 選択すると、ベースブランチ上でブランチが最新のコードでテストされるようにできます。

    必須ステータスのチェックボックス、ゆるい、または厳格な

  8. From the list of available status checks, select the checks you want to require.

    利用可能なステータスチェックの一覧

  9. オプションとして、[Include administrators] を選択します。 This enforces all configured restrictions for repository administrators.

    [Include administrators] チェックボックス

  10. [Save changes] をクリックします。

Tip: To successfully merge a pull request into a base branch that has required status checks enabled, the pull request's head branch must be up-to-date with the base branch.

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください