ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

グローバルwebhookについて

グローバル webhook はイベントについてインスタンスレベルで通知してくれます。

グローバルwebhookは、インスタンス上のユーザおよびOrganizationの管理に対するルールの自動的なモニタリング、対応、強制に利用できます。 たとえば以下のような場合に動作するようにwebhookを設定できます:

  • ユーザアカウントが作成または削除される
  • Organizationが作成または削除される
  • コラボレータがリポジトリに追加、またはリポジトリから削除される
  • リポジトリがフォークされる

グローバル webhook のリスト

webhook の構成に関する詳しい情報については「グローバル webhook を管理する」を参照してください。

GitHub Enterprise Server APIを使ってグローバルなwebhookを管理することもできます。 アクションの完全なリストについては、GitHub 開発者ドキュメンテーションの「グローバルweb hook」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください