ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

VMware で GitHub Enterprise Server をインストールする

GitHub Enterprise Server を VMWare にインストールするには、VMWare vSphere クライアントをダウンロードしてから、GitHub Enterprise Server ソフトウェアをダウンロードして配備する必要があります。

ここには以下の内容があります:

必要な環境

  • GitHub Enterpriseのライセンスファイルを持っていなければなりません。 既存のライセンスファイルをダウンロードするか、トライアルライセンスをリクエストするには、enterprise.github.comにアクセスしてください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverライセンスの管理」を参照してください。
  • GitHub Enterprise Server インスタンスを動作させるベアメタルマシンに適用されたVMware vSphere ESXi Hypervisorが必要です。 サポートされるのはバージョン5.5から6.7です。ESXi Hypervisorは無料であり、(オプションの)vCenter Serverを含みません。 詳しい情報については、VMware ESXiのドキュメンテーションを参照してください。
  • vSphere Clientへのアクセスが必要です。 vCenter Serverがあるなら、vSphere Web Clientが利用できます。 詳しい情報については、VMWareのガイド "vSphere Web Client を使用した、vCenter Server へのログイン"を参照してください。

ハードウェアについて

GitHub Enterprise Serverは、ルートディスクとは別に永続化用のデータディスクを必要とします。 詳しい情報については「システムの概要」を参照してください。 ストレージデバイスには、高パフォーマンスの SSD を直接アタッチするか、ストレージエリアネットワーク (SAN) を経由するかの、いずれかをおすすめします。 We recommend different hardware configurations based on the number of user licenses used in GitHub Enterprise Server インスタンス. |

ユーザライセンス vCPUs メモリ アタッチされたストレージ ルートストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ 2 16 GB 100 GB 200 GB
10-3000 4 32 GB 250 GB 200 GB
3000-5000 8 64 GB 500 GB 200 GB
5000-8000 12 96 GB 750 GB 200 GB
8000-10000+ 16 128 GB 1000 GB 200 GB

以下に最小の推奨構成を示します。 ユーザのアクティビティや他の製品との結合といった利用方法によっては、さらに多くのリソースが必要になることがあります。 When increasing CPU resources, it's recommended to add at least 6.5 GB of memory for each CPU (up to 16 CPUs) added to your GitHub Enterprise Server instance. 詳しい情報については、「CPUあるいはメモリリソースの追加」を参照してください。

ノート:ルートディスクは、新しいアプライアンスを構築するか、既存のアプライアンスを利用してリサイズできます。 詳しい情報については「ストレージ容量の増加」を参照してください。

警告: 継続的インテグレーション(CI)あるいはそれに類したシステムでリポジトリの変更をフェッチするには、webhookの利用をおすすめします。 定期的な自動チェック、あるいはポーリングは、インスタンスのスケーラビリティを大きく損ないます。 詳しい情報については「webhookについて」を参照してください。

GitHub Enterprise Server イメージをダウンロードする

  1. GitHub Enterprise Serverのダウンロードページにアクセスしてください。
  2. ライセンスファイルをダウンロードするにはDownload license(ライセンスのダウンロード)をクリックしてください。
  3. Get the latest release of GitHub Enterprise Server (GitHub Enterprise Server の最新リリースを入手) をクリックします。
  4. GitHubオンプレミスを選択し、VMware ESXi/vSphere (OVA)をクリックしてください。
  5. Download for VMware ESXi/vSphere (OVA)をクリックしてください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを作成する

インスタンスを作成するには、GitHub Enterprise Server のイメージを仮想マシンにインポートし、インスタンスのデータ用に追加のストレージボリュームをアタッチしなければなりません。 詳細は「ハードウェアについて」を参照してください。

  1. vSphere Windows Client または vCenter Web Client を使用して、ダウンロードした GitHub Enterprise Server イメージをインポートします。 詳しい情報については、VMware ガイドの「Deploy an OVF or OVA Template 」を参照してください。

    • データストアを選択する際には、VMのディスクをホストするのに十分な領域があるものを選択してください。 インスタンスサイズに応じた最小の推奨ハードウェア仕様については"ハードウェアについて"を参照してください。lazy zeroingのシックプロビジョニングをおすすめします。
    • Power on after deploymentのチェックは外したままにしておいてください。これは、VMをプロビジョニングした後にリポジトリデータのためのアタッチされたストレージボリュームを追加する必要があるためです。
  2. Create a new virtual disk to use as an attached storage volume for your instance data, and configure the size based on your user license count.その方法については、VMWareのガイド "仮想マシンへの新しいハード ディスクの追加"を参照してください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを設定する

  1. 仮想マシンのパブリックDNS名をコピーして、Webブラウザに貼り付けてください。
  2. プロンプトでライセンスファイルをアップロードし、管理コンソールのパスワードを設定してください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverライセンスの管理」を参照してください。
  3. Management Consoleで、希望する設定を行って保存してください。詳しい情報については、「GitHub Enterprise Server アプライアンスを設定する」を参照してください。
  4. インスタンスは自動的に再起動します。
  5. Visit your instance(インスタンスへのアクセス)をクリックしてください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください