ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Google Cloud Platform で GitHub Enterprise Server をインストールする

GitHub Enterprise Server を Google Cloud Platform にインストールするには、サポートされているマシンタイプにデプロイし、永続的な標準ディスクまたは永続的な SSD を使用する必要があります。

ここには以下の内容があります:

必要な環境

  • GitHub Enterpriseのライセンスファイルを持っていなければなりません。 既存のライセンスファイルをダウンロードするか、トライアルライセンスをリクエストするには、enterprise.github.comにアクセスしてください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverライセンスの管理」を参照してください。
  • Google Compute Engine(GCE)仮想マシン(VM)インスタンスを起動できるGoogle Cloud Platformのアカウントが必要です。 詳しい情報についてはGoogle Cloud PlatformのWebサイト及びGoogle Cloud Platformドキュメンテーションを参照してください。
  • インスタンスを起動するのに必要なアクションのほとんどは、Google Cloud Platform Consoleを使っても行えます。 とはいえ、初期セットアップのためにgcloud computeコマンドラインツールをインストールすることをお勧めします。 以下の例では、gcloud computeコマンドラインツールを使用しています。 詳しい情報についてはGoogleのドキュメンテーション中の"gcloud compute"のインストール及びセットアップガイドを参照してください。

ハードウェアについて

GitHub Enterprise Serverは、ルートディスクとは別に永続化用のデータディスクを必要とします。 詳しい情報については「システムの概要」を参照してください。 We recommend different hardware configurations based on the number of user licenses used in GitHub Enterprise Server インスタンス. |

ユーザライセンス vCPUs メモリ アタッチされたストレージ ルートストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ 2 16 GB 100 GB 200 GB
10-3000 4 32 GB 250 GB 200 GB
3000-5000 8 64 GB 500 GB 200 GB
5000-8000 12 96 GB 750 GB 200 GB
8000-10000+ 16 128 GB 1000 GB 200 GB

以下に最小の推奨構成を示します。 ユーザのアクティビティや他の製品との結合といった利用方法によっては、さらに多くのリソースが必要になることがあります。 When increasing CPU resources, it's recommended to add at least 6.5 GB of memory for each CPU (up to 16 CPUs) added to your GitHub Enterprise Server instance. 詳しい情報については、「CPUあるいはメモリリソースの追加」を参照してください。

ノート:ルートディスクは、新しいアプライアンスを構築するか、既存のアプライアンスを利用してリサイズできます。 詳しい情報については「ストレージ容量の増加」を参照してください。

警告: 継続的インテグレーション(CI)あるいはそれに類したシステムでリポジトリの変更をフェッチするには、webhookの利用をおすすめします。 定期的な自動チェック、あるいはポーリングは、インスタンスのスケーラビリティを大きく損ないます。 詳しい情報については「webhookについて」を参照してください。

マシンタイプの決定

Google Cloud PlatformdeGitHub Enterprise Server インスタンスを起動する前に、組織の要求に最も適したマシンタイプを決定する必要があります。

サポートされているマシンタイプ

GitHub Enterprise Server は、次の Google Compute Engine (GCE) マシンタイプでサポートされています。 詳しい情報についてはGoogle Cloud Platformのマシンタイプの記事を参照してください。 |

| | ハイメモリ | | | ------------- | | | n1-highmem-4 | | | n1-highmem-8 | | | n1-highmem-16 | | | n1-highmem-32 | | | n1-highmem-64 | | | n1-highmem-96 |

推奨マシンタイプ

ユーザライセンス数に基づいて、以下のマシンタイプをおすすめします。

シート数 推奨タイプ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ n1-standard-4
10 - 3000 n1-standard-8
3000 - 5000 n1-highmem-8
5000 - 8000 n1-highmem-16
8000 - 10000+ n1-highmem-32

ノート:インスタンスをリサイズすれば、いつでもCPUやメモリをスケールアップできます。 しかし、CPUあるいはメモリのリサイズにはユーザにとってのダウンタイムが生じるので、スケールのためのリソースを前もってオーバープロビジョニングしておくことをおすすめします。

GitHub Enterprise Server イメージを選択する

  1. gcloud computeコマンドラインツールを使用して、パブリックな GitHub Enterprise Server イメージを一覧表示します。

    $ gcloud compute images list --project github-enterprise-public --no-standard-images
  2. GitHub Enterprise Server の最新の GCE イメージのイメージ名をメモしておきます。

ファイアウォールの設定

GCE 仮想マシンは、ファイアウォールが存在するネットワークのメンバーとして作成されます。 GitHub Enterprise Server VMに関連付けられているネットワークの場合、下記の表に一覧表示されている必要なポートを許可するようにファイアウォールを設定する必要があります。 Google Cloud Platform でのファイアウォールルールに関する詳しい情報については、Google ガイドの「ファイアウォールルールの概要」を参照してください。

  1. gcloud compute コマンドラインツールを使用して、ネットワークを作成します。 詳しい情報については、Google ドキュメンテーションの「gcloud compute networks create」を参照してください。

    $ gcloud compute networks create NETWORK-NAME --subnet-mode auto
  2. 下記の表にある各ポートに関するファイアウォールルールを作成します。 詳しい情報については、Googleドキュメンテーションの「gcloud compute firewall-rules」を参照してください。

    $ gcloud compute firewall-rules create RULE-NAME \
    --network NETWORK-NAME \
    --allow tcp:22,tcp:25,tcp:80,tcp:122,udp:161,tcp:443,udp:1194,tcp:8080,tcp:8443,tcp:9418,icmp

    次の表に、必要なポートと各ポートの使用目的を示します。

    ポート サービス 説明
    22 SSH Git over SSHのアクセス。 パブリック/プライベートリポジトリのクローン、フェッチ、プッシュ操作がサポートされています。
    25 SMTP 暗号化(STARTTLS)付きのSMTPサポート。
    80 HTTP Webアプリケーションへのアクセス。 SSL が有効な場合、すべての要求は HTTPS ポートにリダイレクトされます。
    122 SSH インスタンスのシェルへのアクセス。 デフォルトのSSHポート(22)は、アプリケーションのgit+sshネットワークトラフィック専用です。
    161/UDP SNMP ネットワークモニタリングプロトコルの処理に必要。
    443 HTTPS Webアプリケーション及びGit over HTTPSのアクセス。
    1194/UDP VPN High Availability設定でのセキュアなレプリケーションネットワークトンネル。
    8080 HTTP プレーンテキストの Webベースの Management Console。 SSL を手動で無効にしない限り必要ありません。
    8443 HTTPS セキュアな Webベースの Management Console。 基本的なインストールと設定に必要です。
    9418 Git シンプルなGitプロトコルのポートです。 パブリックリポジトリのクローンとフェッチのみができます。 暗号化されていないネットワーク通信です。

スタティックIPの取得とVMへの割り当て

これが稼働状態のアプライアンスである場合は、静的な外部 IP アドレスを予約し、それを GitHub Enterprise Server VM に割り当てることを強くおすすめします。 そうしなければ、VM のパブリックな IP アドレスは再起動後に保持されません。 詳しい情報については、Google ガイドの「静的外部 IP アドレスを予約する」を参照してください。

稼働状態の High Availability 設定では、プライマリアプライアンスとレプリカアプライアンスの両方に別々の静的 IP アドレスを割り当ててください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを作成する

GitHub Enterprise Server インスタンスを作成するには、GitHub Enterprise Server イメージを使用して GCE インスタンスを作成し、インスタンスデータ用の追加のストレージボリュームをアタッチする必要があります。 詳細は「ハードウェアについて」を参照してください。

  1. gcloud computeコマンドラインツールを使い、インスタンスデータのためのストレージボリュームとしてアタッチして使うデータディスクを作成し、そのサイズをユーザライセンス数に基づいて設定してください。 詳しい情報については、Google ドキュメンテーションの「gcloud compute disks create」を参照してください。

    $ gcloud compute disks create DATA-DISK-NAME --size DATA-DISK-SIZE --type DATA-DISK-TYPE --zone ZONE
  2. 次に、選択した GitHub Enterprise Server イメージの名前を使用してインスタンスを作成し、データディスクをアタッチします。 詳しい情報については、Googleドキュメンテーションの「gcloud compute instances create」を参照してください。

    $ gcloud compute instances create INSTANCE-NAME \
    --machine-type n1-standard-8 \
    --image GITHUB-ENTERPRISE-IMAGE-NAME \
    --disk name=DATA-DISK-NAME \
    --metadata serial-port-enable=1 \
    --zone ZONE \
    --network NETWORK-NAME \
    --image-project github-enterprise-public

インスタンスの設定

  1. 仮想マシンのパブリックDNS名をコピーして、Webブラウザに貼り付けてください。
  2. プロンプトでライセンスファイルをアップロードし、管理コンソールのパスワードを設定してください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverライセンスの管理」を参照してください。
  3. Management Consoleで、希望する設定を行って保存してください。詳しい情報については、「GitHub Enterprise Server アプライアンスを設定する」を参照してください。
  4. インスタンスは自動的に再起動します。
  5. Visit your instance(インスタンスへのアクセス)をクリックしてください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください