ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

CPUあるいはメモリリソースの増加

既存の GitHub Enterprise Server インスタンスに CPU またはメモリリソースを追加するには、そのインスタンスをシャットダウンし、下部の仮想プラットフォームのツールを使用して仮想マシンにリソースを割り当てます。 新たに割り当てられたリソースは起動時に自動的に認識され、追加の設定は必要ありません。

ここには以下の内容があります:

警告: 新しいリソースの割り当てプロセスは、仮想化プラットフォームやリソースの種類によって様々です。 重要なシステムリソースのモニタリングとアラートは、必ず設定しておいてください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverアプライアンスのモニタリング」を参照してください。

AWSでのCPUあるいはメモリリソースの追加

ノート: AWSでCPUあるいはメモリリソースを追加するには、EC2インスタンスを管理するためにAWSのマネージメントコンソールもしくはaws ec2コマンドラインインターフェースのいずれかの利用に慣れていなければなりません。 リサイズを行うための好みのAWSツールの利用の背景と詳細については、Amazon EBS-Backed インスタンスのサイズ変更にあるAWSのドキュメンテーションを参照してください。

リサイズについての考慮

GitHub Enterprise Server インスタンス の CPU またはメモリリソースを増加させる前に、以下のことを行ってください:

  • CPU に応じてメモリーをスケーリング

    When increasing CPU resources, it's recommended to add at least 6.5 GB of memory for each CPU (up to 16 CPUs) added to your GitHub Enterprise Server instance. 16以上のCPUを使う場合には、CPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、十分なメモリがあることを確認するためにインスタンスをモニタリングすることを推奨します。

  • Elastic IP がインスタンスに割り当てられていることを確認

    Elastic IP が割り当てられていない場合は、パブリック IP アドレスでの変更を考慮して、再起動後に GitHub Enterprise Server ホストの DNS A レコードを調整する必要があります。 インスタンスがVPC内で起動していれば、インスタンスが再起動してもElastic IP(EIP)は自動的に保持されます。 インスタンスがEC2-Classic内で起動されていれば、Elastic IPは手動で際割り当てが必要です。

サポートされているAWSインスタンスタイプ

アップグレードするインスタンスタイプは、CPU/メモリの仕様に基づいて決定しなければなりません。 GitHub Enterprise Server は、次の EC2インスタンスタイプでサポートされています。 詳しい情報についてはAWS EC2インスタンスタイプの概要ページを参照してください。

EC2インスタンスタイプ モデル
C3 c3.2xlarge, c3.4xlarge, c3.8xlarge
EC2インスタンスタイプ モデル
C4 c4.2xlarge, c4.4xlarge, c4.8xlarge
EC2インスタンスタイプ モデル
C5 c5.large, c5.xlarge, c5.2xlarge, c5.4xlarge, c5.9xlarge, c5.18xlarge
EC2インスタンスタイプ モデル
M3 m3.xlarge, m3.2xlarge
EC2インスタンスタイプ モデル
M4 m4.xlarge, m4.2xlarge, m4.4xlarge, m4.10xlarge, m4.16xlarge
EC2インスタンスタイプ モデル
M5 m5.large, m5.xlarge, m5.2xlarge, m5.4xlarge, m5.12xlarge, m5.24xlarge
EC2インスタンスタイプ モデル
R4 r4.large, r4.xlarge, r4.2xlarge, r4.4xlarge, r4.8xlarge, r4.16xlarge
EC2インスタンスタイプ モデル
R5 r5.large, r5.xlarge, r5.2xlarge, r5.4xlarge, r5.12xlarge, r5.24xlarge
EC2インスタンスタイプ モデル
X1 x1.16xlarge, x1.32xlarge

推奨されるAWSインスタンスタイプ

Based on your user license count, we recommend the following instance types. |

ユーザライセンス 推奨タイプ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ r4.large
10 - 3000 r4.xlarge
3000 - 5000 r4.2xlarge
5000 - 8000 r4.4xlarge
8000 - 10000+ r4.8xlarge

ノート:インスタンスをリサイズすれば、いつでもCPUやメモリをスケールアップできます。 しかし、CPUあるいはメモリのリサイズにはユーザにとってのダウンタイムが生じるので、スケールのためのリソースを前もってオーバープロビジョニングしておくことをおすすめします。

AWSでのリサイズ

ノート:EC2-Classicで起動されたインスタンスについては、インスタンスに関連づけられたElastic IPアドレスとインスタンスIPの両方を書き留めておいてください。 インスタンスを再起動したなら、Elastic IPのアドレスを再割り当てしてください。

既存の AWS/EC2 インスタンスに CPU またはメモリリソースを追加することはできません。 その代わりに、以下を行う必要があります:

  1. インスタンスを停止する。
  2. インスタンスタイプを変更する。
  3. インスタンスを起動します。
  4. インスタンスが完全に再起動し、アクセスできるようになったら、SSH の管理シェルを使って新しいリソース構成が認識されていることを確認してください:

    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
    $ ghe-system-info

OpenStack KVMでのCPUあるいはメモリリソースの追加

既存の OpenStack KVM インスタンスに CPU またはメモリリソースを追加することはできません。 その代わりに、以下を行う必要があります:

  1. 現在のインスタンスのスナップショットを取る。
  2. インスタンスを停止する。
  3. 希望するCPUやメモリリソースを持つ新しいインスタンスフレーバーを選択する。

VMWareでのCPUあるいはメモリリソースの追加

GitHub Enterprise Server インスタンスでの処理が遅いなら、CPUあるいはメモリリソースを追加する必要があるかもしれません。

When increasing CPU resources, it's recommended to add at least 6.5 GB of memory for each CPU (up to 16 CPUs) added to your GitHub Enterprise Server instance. 16以上のCPUを使う場合には、CPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、十分なメモリがあることを確認するためにインスタンスをモニタリングすることを推奨します。

  1. vSphere Clientを使ってVMware ESXiホストに接続してください。
  2. GitHub Enterprise Server インスタンスをシャットダウンしてください。
  3. 仮想マシンを選択し、 Edit Settings(設定の編集)をクリックしてください。
  4. "Hardware"の下で、必要に応じて仮想マシンに割り当てられたCPUやメモリリソースを調整してください。
    VMWareのセットアップリソース
  5. 仮想マシンを起動するには、[OK] をクリックします。
  6. インスタンスが完全に再起動し、アクセスできるようになったら、SSH の管理シェルを使って新しいリソース構成が認識されていることを確認してください:

    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
    $ ghe-system-info

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください