ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

アプライアンスにおける新しいリポジトリのデフォルトの可視性の設定

Web インターフェースを使って GitHub Enterprise Server アプライアンス上に作成される新しいすべてのリポジトリに対するデフォルトの可視性は、パブリックまたはプライベートに設定できます。

GitHub Enterprise Server インスタンス上に新しいリポジトリを作るときには、そのリポジトリの可視性を選択しなければなりません。 そのインタンスのデフォルトの可視性の設定をする際には、デフォルトで選択される可視性を選択します。 リポジトリの可視性に関する詳しい情報については、「リポジトリの可視性について」を参照してください。

サイト管理者がメンバーに対して特定の種類のリポジトリの作成を禁止している場合、可視性の設定のデフォルトがその種類になっていても、メンバーはその種類のリポジトリを作成できません。 詳しい情報については、「インスタンスでリポジトリ作成を制限する」を参照してください。

Tip: リポジトリの可視性を変更できる能力をサイト管理者のみに制限できます。 詳しい情報については"ユーザによるリポジトリの可視性の変更の禁止."を参照してください。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでEnterpriseをクリックしてください。
    サイトアドミン設定のEnterpriseタブ
  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ
  4. " Setteings( 設定)"の下で、 Options(オプション)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のオプションタブ
  5. "Default repository visibility(デフォルトのリポジトリの可視性)"の下で、ドロップダウンメニューを使ってデフォルトの可視性を選択してください。
    インスタンスにおけるデフォルトのリポジトリの可視化性を選択するためのドロップダウンメニュー

警告:Pull Request や Issue へのコメントに画像添付を追加した場合、その Pull Request がプライベートリポジトリのものであっても、またはプライベートモードが有効化されている場合であっても、匿名化した画像 URL は認証なしに誰もが見ることができます。 機密の画像をプライベートにしておきたい場合は、それらを認証が必要なプライベートなネットワークあるいはサーバーから提供するようにしてください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください