ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

監査されたアクション

監査ログでいろんなアクションを検索することができます。

認証

名前 説明
oauth_access.create ユーザアカウントにOAuth アクセストークン作成 されました。
oauth_access.destroy OAuth アクセストークン がユーザアカウントから削除されました。
oauth_application.destroy OAuth applicationがユーザまたは Organization のアカウントから削除されました。
oauth_application.reset_secret OAuth アプリケーションの秘密鍵がリセットされました。
oauth_application.transfer OAuth アプリケーションが別のユーザ、または Organization のアカウントへ移されました。
public_key.create SSHキーがユーザアカウントに追加されたかデプロイキーがリポジトリに追加されました。
public_key.delete SSHキーがユーザアカウントから削除されたかデプロイキーがリポジトリから削除されました。
public_key.update ユーザアカウントのSSHキーもしくは、リポジトリのデプロイキーが更新されました。
two_factor_authentication.enabled ユーザアカウントの二段階認証が有効化されました。
two_factor_authentication.disabled ユーザアカウントの二段階認証が無効化されました。

フック

名前 説明
hook.create リポジトリに新規フックが追加されました。
hook.config_changed フックのコンフィグレーションが変更されました。
hook.destroy フックが削除されました。
hook.events_changed フックの設定されているイベントが変更されました。

インスタンス設定

名前 説明
business.update_member_repository_creation_permission サイトアドミンは、インスタンス上の Organization でリポジトリの作成を制限しています。 詳しい情報については、「インスタンスでリポジトリ作成を制限する」を参照してください。
business.clear_members_can_create_repos サイトアドミンは、インスタンス上の Organization でリポジトリ作成の制限を解除しています。 詳しい情報については、「インスタンスでリポジトリ作成を制限する」を参照してください。
enterprise.config.lock_anonymous_git_access リポジトリ管理者が、インスタンス上のリポジトリに対する既存の匿名 Git 読み取りアクセス設定を変更できないようにするため、サイトアドミンは、匿名 Git 読み取りアクセス設定をロックしています。 詳細は「ユーザによる匿名 Git 読み取りアクセスの変更を禁止する」を参照してください。
enterprise.config.unlock_anonymous_git_access リポジトリ管理者が、インスタンス上のリポジトリに対する既存の匿名 Git 読み取りアクセス設定を変更できるようにするため、サイトアドミンは、匿名 Git 読み取りアクセス設定のロックを解除しています。 詳細は「ユーザによる匿名 Git 読み取りアクセスの変更を禁止する」を参照してください。

Issue およびプルリクエスト

名前 説明
issue.update Issue のテキスト本体(最初のコメント)が変更されました。
issue_comment.update Issue (最初以外)のコメントが変更されました。
pull_request_review_comment.delete プルリクエストに関するコメントが削除されました。
issue.destroy Issue がリポジトリから削除されました。 詳細は「Issue を削除する」を参照してください。

Organization

名前 説明
org.async_delete ユーザが Organization を削除するための背景ジョブを開始しました。
org.delete ユーザが行った背景ジョブによって Organization が削除されました。
org.transform ユーザアカウントが Organization へと変換されました。 詳しくは ユーザをOrganization に変換する方法 を参照してください。

保護されたブランチ

名前 説明
protected_branch.create ブランチ保護がブランチで有効になっています。
protected_branch.destroy ブランチ保護がブランチで無効になっています。
protected_branch.update_admin_enforced ブランチ保護がリポジトリ管理者に対して強制されます。
protected_branch.update_require_code_owner_review 必要なコードオーナーレビューの強制がブランチで更新されます。
protected_branch.dismiss_stale_reviews 却下している古いプルリクエストの強制がブランチで更新されます。
protected_branch.update_signature_requirement_enforcement_level 必要なコミット署名の強制がブランチで更新されます。
protected_branch.update_pull_request_reviews_enforcement_level 必要なプルリクエストレビューの強制がブランチで更新されます。
protected_branch.update_required_status_checks_enforcement_level 必要なステータスチェックの強制がブランチで更新されます。
protected_branch.rejected_ref_update ブランチ更新の試行が拒否されます。
protected_branch.policy_override ブランチ保護の要件がリポジトリ管理者によってオーバーライドされます。

リポジトリ

名前 説明
repo.access プライベートリポジトリが公開されたか、パブリックリポジトリが非公開にされました。
repo.archive リポジトリがアーカイブされました。 詳細は「リポジトリのアーカイブとアーカイブ削除」を参照してください。
repo.add_member リポジトリにコラボレーターが追加されました。
repo.config サイト管理者がフォースプッシュをブロックしました。 詳しくは、 リポジトリへのフォースプッシュのブロックを参照してください。
repo.create リポジトリが作成されました。
repo.destroy リポジトリが削除されました。
repo.remove_member コラボレーターがリポジトリから削除されました。
repo.rename リポジトリの名前が変更されました。
repo.transfer ユーザーが転送されたリポジトリを受け取る要求を受け入れました。
repo.transfer_start ユーザーがリポジトリを別のユーザーまたは Organization に転送する要求を送信しました。
repo.unarchive リポジトリがアーカイブ解除されました。 詳細は「リポジトリのアーカイブとアーカイブ削除」を参照してください。
repo.config.disable_anonymous_git_access 匿名 Git 読み取りアクセスがパブリックリポジトリに対して無効になります。 詳細は「リポジトリに対する匿名 Git 読み取りアクセスを有効化する」を参照してください。
repo.config.enable_anonymous_git_access 匿名 Git 読み取りアクセスがパブリックリポジトリに対して有効になっています。 詳細は「リポジトリに対する匿名 Git 読み取りアクセスを有効化する」を参照してください。
repo.config.lock_anonymous_git_access リポジトリの匿名 Git 読み取りアクセス設定がロックされているため、リポジトリ管理者はこの設定を変更 (有効化または無効化) できません。 詳細は「ユーザによる匿名 Git 読み取りアクセスの変更を禁止する」を参照してください。
repo.config.unlock_anonymous_git_access リポジトリの匿名 Git 読み取りアクセス設定がロック解除されているため、リポジトリ管理者はこの設定を変更 (有効化または無効化) できます。 詳細は「ユーザによる匿名 Git 読み取りアクセスの変更を禁止する」を参照してください。

サイトアドミンのツール

名前 説明
staff.disable_repo サイトアドミンがリポジトリとその全てのフォークへのアクセスを無効にしました。
staff.enable_repo サイトアドミンがリポジトリとその全てのフォークへのアクセスを再度有効化しました。
staff.fake_login サイトアドミンが GitHub Enterpriseに別のユーザとしてサインインしました。
staff.repo_unlock サイトアドミンがユーザのプライベートリポジトリを解除(一時的にフルアクセスが可能)しました。
staff.unlock サイトアドミンがユーザの全てのプライベートリポジトリを解除(一時的にフルアクセスが可能)しました。

Team

名前 説明
team.create ユーザアカウントまたはリポジトリが Team に追加されました。
team.delete ユーザアカウントまたはリポジトリが Team から削除されました。
team.destroy Teamが削除されました。

ユーザ

名前 説明
user.add_email ユーザアカウントにメールアドレスが追加されました。
user.async_delete ユーザアカウントを削除するための非同期的ジョブが開始されました。おって user.delete がトリガーされます。
user.change_password ユーザがパスワードを変更しました。
user.create 新規ユーザが作成されました。
user.delete ユーザアカウントが非同期的ジョブによって削除されました。
user.demote サイトアドミンが一般ユーザアカウントに変更されました。
user.destroy ユーザが自分のアカウントを削除し、user.async_delete をトリガーしました。
user.failed_login ユーザが間違ったユーザネームやパスワード、または二段階認証コードでサインインしようとしました。
user.forgot_password ユーザがサインインページでパスワードリセットを申請しました。
user.login ユーザがサインインしました。
user.promote 一般ユーザアカウントがサイトアドミンへと変更されました。
user.remove_email ユーザアカウントからメールアドレスが削除されました。
user.rename ユーザ名が変更されました。
user.suspend サイトアドミンがユーザアカウントを停止しました。
user.two_factor_requested ユーザが二段階認証コードを要求されました。
user.unsuspend サイトアドミンがユーザアカウント停止を解除しました。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください